fc2ブログ
「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
             嶋津 暉之

水道水の放射性物質の記事の続報をお送りします。
この記事にある通り、四街道市と酒々井町は利根川を水源とする印旛郡市広域市町村圏事務組合からの取水をストップして、当面、地下水源のみで給水しています。また、神崎町は地震で利根川水系の浄水場が損傷して使えなくなり、町内全域に地下水を給水しています。水道水源としての地下水の重要性を物語っています。

◆北千葉浄水場、23日に規制値上回るヨウ素検出
(読売新聞2011年3月26日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110325-OYT1T01059.htm?from=main1

千葉県は25日、県や松戸市など8自治体で作る北千葉広域水道企業団の「北千葉浄水場」(流山市)で23日に採取した水から、乳児が飲む暫定規制値(1キロ・グラムあたり100ベクレル)を上回る110ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたと発表した。

同浄水場は江戸川から取水。企業団では、給水先の野田、柏、流山、我孫子、八千代市の全域、松戸、習志野市の一部地域の世帯に乳児の飲用を控えるよう呼びかけている。松戸市と習志野市には、県水道局の給水区域もあるが、「対象の地域分けは両市で対応できる」(県水政課)としている。

一方、北千葉と同じ23日に採取した水を検査した君津、東総、九十九里、南房総の各広域・地域水道企業団の浄水場では、いずれも規制値未満または不検出だった。県は「25日も全5企業団の浄水場で採水して検査を依頼した」として、数値が安定するまで検査を続ける方針。独自に水源を地下水源に切り替える動きもある。四街道市と酒々井町は23日午後から、利根川を水源とする印旛郡市広域市町村圏事務組合からの取水をストップ。両市町はもともと給水量の9割以上が地下水だが、当面、地下水源のみで給水する。このほか、神崎町は地震で利根川水系の浄水場が損傷して使えなくなり、町内全域に地下水を給水している。


★こちらもどうぞご覧下さい

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2



【2011/03/26 11:15】 | 放射能
トラックバック(0) |
              嶋津 暉之

放射性物質の汚染に対して地下水が安全かという質問を受けることがあります。私はそのことについての知識をもっていませんが、インターネットで科学的だと思う解説が見つかりましたので、紹介しておきます。

この記述の中で、「20m以上の深さの掘抜き井戸だと10年単位の時間で水が浸透して地下水になる 」とありますが、地層には水みちがあるので、10年単位とは言えず、浸透速
度はもっと早いと思いますが、それ以外の記述は私は納得しました。

深井戸の地下水は放射性物質の汚染に対して安全性が高いと考えられます。足元の水源「地下水」を有効に利用する水行政を進めるべきです。


http://okwave.jp/qa/q6612337.html


OK Wave 
質問「放射性物質の地下水への影響はどのくらい経ってから?」への回答

先ず、どの様な井戸と自家水道設備であるかによって対応が異なります。

もし、井戸の口がお寺や時代劇のつるべ井戸の様に開放だった場合は元々飲料に使用できませんので今回も危険です。

次に、手動の手押しポンプや井戸の上にモーターやポンプが付いている深さが15~20m以下の浅井戸も飲用には安全性が懸念されます。

次に、深さが20m~40mあるいはそれ以上の掘抜き井戸(水中ポンプを使用)であれば、近くに地盤を掘り下げるような土木工事をしていなければ先ず安全であると思われます。
普段から水の状態を観察していて最近変化が無いかどうか思い出してください。
長期的には、一応検査しておけば安心ですが、今すぐしてもあまり意味がありません。

20m以上の深さの掘抜き井戸だと10年単位の時間で水が浸透して地下水になるためです。

また、地表にはバクテリアがいて、普段から不足しているヨウ素を吸収してしまいますので、多くのヨウ素は地表10cmまでにとどまります。
半減期が8日なので地下水には影響が出ないと思います。

しかし、放射性セシュウムは半減期が30年なので心配ではあります。
でも、掘抜き井戸は20m以上の土のフイルターと粘土層の下です。

おそらく、ストロンチューム等を含めほとんどの放射性物質は主に非水溶性の微粒子ですので途中で浸透できず留まると思われます。
消防のハイパーレスキューの放射能防護服が特殊なフイルターを付けた防毒面であるのはこのためです。
地中の放射性物質は半減期以上の年月で減少すると思われます。

これにたいして、PCBやダイオキシン等の水溶性の液体からなる化学汚染物質は地中に浸透するので井戸でも検査や対策が必要になります。

一方、上水道のフィルターは砂や活性炭等で数日から1週間でろ過しています。
また、浄水場は雨や塵がそのまま入る屋外の施設が大部分です。

最後の殺菌で通常の細菌を防いでいるものですので、開放型の井戸よりも危険度が高いかも知れません。

以上から、これまで安全に深井戸型の井戸水を飲料水として利用して問題が無かったのであれば、水道に切り替えるほうが危険であると言えます。

なお、直下型の地震等で地盤が割れた場合はこの範囲でありませんので検査確認が必要になります。

ちなみに我が家も30年前の新築時から46mの井戸を使用しています。
15年前に近くに水道が引かれましたが、家の前で水栓を設けて止めています。

特別な事情が発生した場合は、引き込み工事をしようと思いますが、たぶん無いと思います。

以下のHPを参照下さい。

http://atmc.jp/water/

http://atmc.jp/

http://atmc.jp/ame/

http://risuikankyo.co.jp/waterworks.html

http://www.ustream.tv/recorded/13373990?lang=ja_JP

http://takedanet.com/

http://www.youtube.com/watch?v=tziLt7ksN7k



★こちらもどうぞご覧下さい

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2



【2011/03/25 23:35】 | 放射能
トラックバック(0) |
                  嶋津 輝之

水道水の放射性物質についての情報の続きをお送りします。
利根川の支流・思川の最下流で取水する栃木県野木町の水道水からも142ベクレルの放射性ヨウ素が検出されました(23日)。ただし、24日は78ベクレルに下がっています。

下記の各都県のHPを見ると、金町水道水は51ベクレル(25日)まで下がってきました。千葉の水道水も同様で、100ベクレル以下(24日)まで下がりました。

埼玉県の調査結果を見ると、利根大堰から取水する行田浄水場も72ベクレル(24日)の値がでており、放射性物質の汚染が利根川下流、江戸川だけでなく、利根川中流にも及んでいることが分かります。

群馬の前橋の水道水は地下水を半分程度使っていることもありますが、10ベクレル以下の値にとどまっていますので、利根川上流部の汚染は中下流部と比べればずっとましのようです。

これから、放射性物質の濃度が下がり続けていくことを祈るばかりです。



◆野木町の水道水も乳児の基準値超える 24日採取分は下回る
(下野新聞 3月25日)
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/saigai/miyagi-jishin2011/radioactivity/20110325/482213

野木町は25日、町内の水道水に利用している思川浄水場の水道水から食品衛生法に基づく乳児に対する暫定基準値(水1キログラム当たり100ベクレル)を超える142ベクレルの放射性ヨウ素が検出された、と発表した。検体は23日午前11時に採取した。その後、24日に採取した検体を検査したところ、78・2ベクレルと暫定基準値を下回った。いずれも放射性セシウムは検出されなかった。

思川浄水場は野木町と茨城県古河市総和町で共同利用している。




東京水道水
3月24日
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h22/press110324-03.html
3月25日
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h22/press110325-01.html

埼玉水道水
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasei-sokuteikekka.html

千葉水道水
3月24日の測定結果
http://www.pref.chiba.lg.jp/suidou/souki/0311dannsui-40.html

群馬水道水
http://www.pref.gunma.jp/05/e0900020.html


★こちらもどうぞご覧下さい

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2

【2011/03/25 23:12】 | 放射能
トラックバック(0) |
             嶋津 暉之

今日夕方のテレビニュースで報道されていますが、東京の金町水道水から1リットル当たり190~210ベクレルの放射性ヨウ素131が検出されました。1歳未満の乳児の摂取制限の指標となる1リットル当たり100ベクレルの2倍以上の値となっていることから、乳児に限って水道水の摂取を控えるよう呼びかけが行われています。

このよびかけ範囲が東京23区と武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市に及んでいるのは、金町浄水場のすぐ上流の江戸川から取水している三郷浄水場の水も同程度に汚染されていると予想されるので、その給水範囲も含めているからだと思います。

私の自宅は埼玉県の三郷市で、水道水は埼玉県の新三郷浄水場から給水されています。この浄水場も金町のすぐ上流の江戸川から取水していますので、この水道水も金町と同じように汚染されているはずです。我が家の水道水にも放射能物質の汚染が及んできました。

東京都の今回の調査結果を見ると、朝霞浄水場(利根川の水を荒川に入れて取水)が不検出、小作浄水場(多摩川から取水)が32ベクレルとなっています。


◆都の水道水 放射性物質を検出
(NHK3月23日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110323/t10014853741000.html

東京都葛飾区にある都の浄水場の水道水から、1歳未満の乳児の摂取制限の指標を上回る量の放射性物質が検出されました。東京都はこの浄水場の水道水を利用する東京23区と多摩地区の5つの市で乳児に限って水道水の摂取を控えるよう呼びかけていますが、長期的に摂取しなければ健康に影響はないとしています。

東京都によりますと、東京都葛飾区にある都の金町浄水場の水道水を22日午前9時に採水して検査したところ、放射性ヨウ素131が1リットル当たり210ベクレル検出されました。また、23日午前9時には同じ金町浄水場の水道水から1リットル当たり190ベクレル前後の放射性ヨウ素131が検出されたということです。これは、大人の摂取制限の指標となる水1リットル当たり300ベクレル以内に収まっていますが、1歳未満の乳児の摂取制限の指標となる1リットル当たり100ベクレルの2倍以上の値となっています。

東京都は、金町浄水場の水道水を利用する東京23区と武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市で、乳児に限って水道水の摂取を控えるよう呼びかけています。さらに、この地域の事業者や保育園などの施設に対しても、1歳未満の乳児が飲む可能性のある飲み物や離乳食にこの水道水を使わないよう呼びかけています。

一方、東京都水道局の東京・羽村市にある小作浄水場と、埼玉県朝霞市にある朝霞浄水場では、22日に行った検査で、放射性物質の量はいずれも指標を下回っています。東京都は、長期的に摂取しなければ健康に影響はないとし、代わりの飲料水が確保できない場合は、飲み水として使っても差し支えないと説明しています。


◆東京の浄水場から放射性ヨウ素検出 乳児の基準値2倍超
「飲用控えて」23区と5市

(産経新聞2011.3.23)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110323/dst11032314280032-n1.htm

東京都は23日、水道局の金町浄水場(葛飾区)から、放射性物質が乳児の暫定基準値の2倍を超える数値を測定したことを明らかにした。
(一部引用)

◆福島第1原発:東京の水道水にヨウ素 「乳児飲用控えて」
(毎日新聞 2011年3月23日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110323k0000e040074000c.html

水道水の検査は22日に3カ所で実施。金町浄水場以外の1カ所は基準を下回る32ベクレル、もう1カ所は検出されなかった。
(一部引用)




【2011/03/24 00:04】 | 放射能
トラックバック(0) |


wedding dress
放射性物質による内部被爆と癌の関係が心配です。
体全体で被爆した場合の癌発症率と絶えず同じ場所を被爆する癌の発症率が同じと考えるのは、無理があります。
また、肉体の場所によって癌になりやすさの違いがあると思えます。
赤ちゃんと老人でも違うはずです。
政治家の安全宣言ほど無責任なものは無い気がします。


コメントを閉じる▲
               嶋津 暉之

厚生労働省は福島県の水道水の放射性物質について新しい調査結果を発表しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015uci.html 

また、文部科学省は全国の水道水の調査結果を発表しました。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/03/22/1303954_2213..pdf

この二つの発表についての記事です。

◆福島5市町で制限超えるヨウ素 乳児に飲ませぬよう要請
(共同通信 2011/03/22 )
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032201000837.html

厚生労働省は22日、福島県の5自治体の水道水で新たに1キログラム当たり100ベクレルを超える放射性ヨウ素が検出されたとして、粉ミルクを溶かすなどして乳児に飲ませないよう要請した。対象は伊達市、郡山市、田村市、南相馬市、川俣町。
国は放射性ヨウ素の摂取制限値を300ベクレルとしているが、乳児については「発達途上で甲状腺にヨウ素が取り込まれやすい」として、100ベクレルと厳しくしている。
いずれも、代わりの飲料水がない場合は飲んでも直ちに健康への影響はないとしている。
福島県ではこれまで、福島市、川俣町、飯館村の水道水で100ベクレルを超えていた。


◆5市町の水道から乳児飲用規制値超す放射性物質
(読売新聞 2011年3月22日)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110322-OYT1T00920.htm

 厚労省によると、政府の原子力災害現地対策本部が16~21日までに福島県内の計83か所で実施した水道水の検査結果で判明。100ベクレルを超えたのは南相馬市(21日、220ベクレル)、郡山市(同、150ベクレル)、川俣町(同、130ベクレル)、伊達市(同、120ベクレル)、田村市(19日、161ベクレル)。また、飯舘村では20日に続き、21日に採取した水道水からも規制値の約1・5倍にあたる450ベクレルが検出された。
(一部引用)


◆7都県の水道水から放射性物質 雨で一部増加か
(共同通信 2011年3月22日)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/bukyoku/kenkou.html

文部科学省は22日、都道府県が21日採取した水道水の検査結果をまとめ、放射性のヨウ素とセシウムが茨城、栃木などで、ヨウ素が埼玉、千葉、新潟で検出されたと発表した。検出は7都県。20日採取分と比べ、茨城、栃木では両物資が増加した。文科省は「雨が降ったのが一因」とした。
(一部引用)


★こちらもどうぞご覧下さい

 ・八ツ場あしたの会
 ・八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
 ・ダム日記2




【2011/03/23 23:24】 | 放射能
トラックバック(0) |