「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
         嶋津 暉之

◇栃木市、下野市、壬生町は水道水源が100%美味しい地下水

栃木県南地域の栃木市、下野市、壬生町は水道水源の100%を地下水に依存し、市民町民は美味しくて安全性の高い水道水を享受しています。

◇無理やり推進した思川開発事業(南摩ダム)で水が余り三市に押し付け

ところが、栃木県は3市町水道の地下水依存率を大幅に引き下げる県南広域的水道整備事業を推進しようとしています。
この事業は、栃木県が(独)水資源機構の思川開発事業(南摩ダム)で得る予定の毎秒0.403㎥の水道水源を県南3市町に供給する事業です。

これにより、3市町水道の地下水依存率は2030年度には65%まで下げることになっています。そして、その後は地下水依存率がさらに低下していくことが予想されます。

◇思川開発事業のせいで水道料金大幅値上げ、水道水の味と安全性は低下

この事業の巨額事業費(三百数十億円)の付けは3市町に回り、水道料金の大幅値上げは避けられません。さらに、思川の水の混入で、3市町の水道水の味、安全性が低下することは必至です。

栃木県が3市町水道の地下水依存率を下げる表向きの理由は地盤沈下対策や地下水汚染対策ですが、県南地域の地盤沈下は20年前から沈静化しており、また、3市町では十分に安全性が高い水道水が供給されており、地下水汚染は杞憂のことに過ぎません。

栃木県は思川開発の水源を無理やり使うために、県南広域的水道整備事業を強引に推し進め、3市町水道の地下水依存率を下げようとしているのです。

この栃木県の方針に2市1町の首長は賛同しましたが、あくまで方針段階での賛同であり、事業化に向けての合意形成はこれからです。

◇市民町民がこれからも地下水100%の水道水を維持することを求める署名活動

このように理不尽な事業をストップさせるため、2市1町の市民町民が立ち上がりました。
2市1町に対して、県南広域的水道整備事業に参加せず、これからも地下水100%の水道水を維持することを求める署名活動も開始しました。

皆様も是非、この署名活動にご協力くださるよう、お願いいたします。

★「地下水100%の水道水の維持を求める要望書」の署名用紙は→ こちら

★この署名活動の趣旨を分かりやすく説明したチラシ→ こちら

なお、思川開発事業に対しては下記のとおり、栃木県だけではなく、東京都、埼玉県、千葉県、茨城県も多額の費用を負担しつつあります。
2017-10-09_02h52_00.jpg

多くの方が思川開発問題に関心を寄せていただければ幸いです。

【2017/10/09 07:52】 | 未分類
トラックバック(0) |


朝比奈
日本の政権交代が脱ダムから始まったのに野党の間でもほとんど八ッ場ダムの中止失敗が、その後の土地強制収用と人権侵害や旧来型公共事業の復活になったことはほとんど触れられなくなってしまい、改革の原点が何だったのか忘れられている気がします!しがらみ政治は何処から来た・・・?
結局はあのダム中止失敗が思川開発にも大きく影響しているのではないかと思われます。開発することが第一で水需要は二の次なのでしょう。

まさに
管理人
コメントありがとうございます。
あの時、前原さんに大きな期待をしていました。
民主党の失敗が脱ダムを逆戻りさせてしまい本当に残念です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
日本の政権交代が脱ダムから始まったのに野党の間でもほとんど八ッ場ダムの中止失敗が、その後の土地強制収用と人権侵害や旧来型公共事業の復活になったことはほとんど触れられなくなってしまい、改革の原点が何だったのか忘れられている気がします!しがらみ政治は何処から来た・・・?
結局はあのダム中止失敗が思川開発にも大きく影響しているのではないかと思われます。開発することが第一で水需要は二の次なのでしょう。
2017/10/15(Sun) 14:53 | URL  | 朝比奈 #-[ 編集]
まさに
コメントありがとうございます。
あの時、前原さんに大きな期待をしていました。
民主党の失敗が脱ダムを逆戻りさせてしまい本当に残念です。
2017/10/15(Sun) 20:29 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック