「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
         嶋津 暉之

メコン川流域での中国主導の「水運開発」問題についての記事です。

◆ASEAN50年
メコン川流域 中国主導の「水運開発」 岩礁爆破に住民反発

(毎日新聞2017年8月4日 東京朝刊)
https://mainichi.jp/articles/20170804/ddm/007/030/076000c

 東南アジア最長のメコン川で、中国主導の水運開発計画が進められている。流域は、中国が提唱する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の「重要なプラットフォーム(現場)」(中国外務省)。だが、早瀬や岩礁を爆破して浅瀬をしゅんせつするやり方に、地元住民からは反対の声も上がっている。

 茶色く、渦を巻いて流れるメコン川。数百メートル先の対岸はラオスだ。ボートでさかのぼること約1時間半。地元非政府組織(NGO)代表のニワットさん(62)が、増水した川から岩がごつごつ突き出た場所を指さした。「爆破すれば二度と再生できない。生態系に大きなダメージとなる」

 ニワットさんによると、こうした場所は魚のえさ場や産卵地で、乾期には鳥の生殖地にもなる。メコン川流域では、今も新種生物が多数見つかり、メコンオオナマズなど絶滅危惧種も生息する。
 計画では、中国雲南省からラオス北部ルアンプラバンまで約890キロのうち、630キロで工事し、2025年までに500トン級の船が通れるようにする。中国、ミャンマー、タイ、ラオスの共同プロジェクトで、上流では以前一部作業が実施されたという。

 中国と関係を深めるタイ軍事政権は昨年、第1段階の計画を承認。4月にはチェンコン付近の岩礁などで約1カ月間、環境影響調査も実施された。ある当局者(43)は「調査を受け入れただけでまだ何も決まっていない」と言いつつ「環境保護は当然だが、経済発展のことも考えなくてはならない」と語る。

 かつては岸から投網でたくさんの魚が捕れたが、もうそういう光景は見られない。「上流の中国にはいくつもダムがある。我々は自然を守りたいだけなんだ」とニワットさん。子供の頃から舟を操るチャディンさん(64)も「大型船が通れば波で小舟はひとたまりもない」と心配する。

 チェンコンを訪ねた日、街では雲南省の視察団を乗せたバスが、警察車両に先導されていた。中国とタイの支援で建設された第4タイ・ラオス友好橋を渡り、ラオスのファイサーイへ出てみた。「福満多超市」「診所」「土地出租」--。漢字表記の看板があふれ、100店以上が集まる中国人による雑貨・機械類の市場もあった。チェンコンで飲食店を営む男性(53)がつぶやいた。「ここはメコン川の恵みで成り立っており、爆破には反対だ。でも、この中国の勢いには抗しきれないかもしれない」【チェンコン(タイ北部)で西脇真一】


追記を閉じる▲
 計画では、中国雲南省からラオス北部ルアンプラバンまで約890キロのうち、630キロで工事し、2025年までに500トン級の船が通れるようにする。中国、ミャンマー、タイ、ラオスの共同プロジェクトで、上流では以前一部作業が実施されたという。

 中国と関係を深めるタイ軍事政権は昨年、第1段階の計画を承認。4月にはチェンコン付近の岩礁などで約1カ月間、環境影響調査も実施された。ある当局者(43)は「調査を受け入れただけでまだ何も決まっていない」と言いつつ「環境保護は当然だが、経済発展のことも考えなくてはならない」と語る。

 かつては岸から投網でたくさんの魚が捕れたが、もうそういう光景は見られない。「上流の中国にはいくつもダムがある。我々は自然を守りたいだけなんだ」とニワットさん。子供の頃から舟を操るチャディンさん(64)も「大型船が通れば波で小舟はひとたまりもない」と心配する。

 チェンコンを訪ねた日、街では雲南省の視察団を乗せたバスが、警察車両に先導されていた。中国とタイの支援で建設された第4タイ・ラオス友好橋を渡り、ラオスのファイサーイへ出てみた。「福満多超市」「診所」「土地出租」--。漢字表記の看板があふれ、100店以上が集まる中国人による雑貨・機械類の市場もあった。チェンコンで飲食店を営む男性(53)がつぶやいた。「ここはメコン川の恵みで成り立っており、爆破には反対だ。でも、この中国の勢いには抗しきれないかもしれない」【チェンコン(タイ北部)で西脇真一】

【2017/08/04 21:42】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック