「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
     嶋津 暉之

スリット(切れ目)を入れた「透過型」と呼ばれる砂防ダムは流木を止める効果があるようですが、その設置に取り組んでいる長野県でもスリット型砂防ダムは7%です。
他の都道府県ではわずかな割合であると思います。

◆流木被害防ぐスリットダム 県が整備推進
(信濃毎日新聞2017年7月15日)
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170715/KT170714ATI090006000.php

15日に発生から10日を迎える九州北部の豪雨は、大量の流木が被害の拡大を招き、行方不明者の捜索を難航させている。多くの森林を抱える長野県は、スリット(切れ目)を入れた「透過型」と呼ばれる砂防ダムの整備を進めている。スリット部分から水が下流に流れ、流木がダムを乗り越えにくくなる構造だ。ただ、危険箇所の全てにこうしたスリットダムを造ることは不可能なため、県は「事前に危険箇所を確認し、早めの避難を心掛けてほしい」としている。

 県砂防課によると、スリットが入っていない「不透過型」の砂防ダムは大雨時、水がダムを乗り越えるのと同時に流木が下流域に流れ出す危険性がある。国は2015年、砂防ダムを流木が乗り越える例があるとして、流木止めを設置するよう各都道府県に通知した。

 県はこれを受け、通知以降に建設する砂防ダムを透過型にしている。ただ、県内の砂防ダム約3300基のうち、スリットダムは今年3月末時点で通知前に建設した分を含めて237基。全体の1割に満たない。
 長野市若槻地区の田子川では昨年度、県が高さ12・5メートル、幅75メートルのスリットダムを整備。中央部には格子状の鋼製の枠(高さ8・5メートル、幅7メートル)が入り、流木や岩など4200立方メートルを食い止められる。1969(昭和44)年に土石流災害が発生したことや、下流域に人家や保育園があることから設置を決めた。

 5月に飯山市の井出川流域で起きた土石流災害で、大規模な山腹崩落地から3キロ下流にある桑名川砂防ダムは別タイプのスリットダム。ダム中央部に幅2メートルの切れ目が入っており、流木のほとんどをせき止めた。

 県砂防課によると、砂防ダムを造る費用は規模によって異なるが数億円かかり、県が整備できるのは年に10基程度とする。高齢者や障害者など要配慮者がいる施設や、過去に災害に見舞われた場所を優先して整備しているが、危険箇所のうち設置済みなのは2割程度。県はハード整備だけでは人命を守り切れないとして、防災マップ作りを担う人材の養成などを進めるとしている。


追記を閉じる▲
 長野市若槻地区の田子川では昨年度、県が高さ12・5メートル、幅75メートルのスリットダムを整備。中央部には格子状の鋼製の枠(高さ8・5メートル、幅7メートル)が入り、流木や岩など4200立方メートルを食い止められる。1969(昭和44)年に土石流災害が発生したことや、下流域に人家や保育園があることから設置を決めた。

 5月に飯山市の井出川流域で起きた土石流災害で、大規模な山腹崩落地から3キロ下流にある桑名川砂防ダムは別タイプのスリットダム。ダム中央部に幅2メートルの切れ目が入っており、流木のほとんどをせき止めた。

 県砂防課によると、砂防ダムを造る費用は規模によって異なるが数億円かかり、県が整備できるのは年に10基程度とする。高齢者や障害者など要配慮者がいる施設や、過去に災害に見舞われた場所を優先して整備しているが、危険箇所のうち設置済みなのは2割程度。県はハード整備だけでは人命を守り切れないとして、防災マップ作りを担う人材の養成などを進めるとしている。

【2017/07/17 18:30】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック