「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◇速報!プレハブ建設 – 石木川まもり隊
http://ishikigawa.jp/blog/cat06/2692/

あっという間にプレハブの現場事務所が建設されていきました。
旧道と新道の間に生まれた広いスペースが不思議な感じでしたが、こういうことだったのですね。
説明責任を果たさずに奇策を弄して共謀罪を通してしまった政府と同じように、住民に何の説明もなく一夜にして長い壁を築いてしまう長崎県。
住民のための事業であるべきダム建設を、住民の声に耳を塞いで強行してきた、その歴史を示すような壁ですね。
住民だけでなく県民の問いかけにも背を向けてきた、自らの姿勢を示すような壁ですね。
これはもう公共事業ではありませんね。

◇TVニュースでも放映、未明の事務所設置 – 石木川まもり隊
http://ishikigawa.jp/blog/cat06/2709/

一日にして、景色がすっかり変わってしまいました。
景色が変わるほどの工事をするのに、周辺住民への告知や周知は要らないのでしょうか?
県の所有地or管理地であれば、何をやってもいいってこと?
そんなはずはありませんよね。(-_-)


◆長崎)県が未明に詰め所、地権者ら反発 石木ダム現場
(朝日新聞長崎版2017年6月22日03時00分)
http://digital.asahi.com/articles/ASK6N5QJ9K6NTOLB00Q.html

 県と佐世保市が進める石木ダム(川棚町)の建設計画で、県は20日未明、付け替え道路の工事現場に近い県道沿いに作業員や県職員らの詰め所を作った。ダム建設に反対する地権者や支援者は敷地前に座り込んで抗議し、車の出入りを阻止。21日も警戒を続けた。

 県は、ダム建設で一部が水没する県道の付け替え工事を進めている。

 県などによると、20日未明にクレーン付きトラックなど約10台と、作業員や県職員ら50~60人が現場に到着。金属板で敷地を囲い、プレハブの詰め所1棟を設けた。工事現場にある詰め所だけでは手狭なため、新たに建てたという。建物は休憩などに、敷地は駐車場などに使う。

 作業は同日正午前にほぼ終わったが、撤収する際に地権者らが車両の出入り口前に座り込んだという。

 地権者らは「これが県のやり方か」「私たちの生活を破壊するのか」などと抗議。通報で駆けつけた警官が見守るなか、午後7時半ごろまで相対し、県は車両の搬出を諦めた。

 地権者らは21日も、午前6時ごろから車両の出入り口や詰め所付近で警戒。出入り口は外側から竹で固定され、開かないようにされていた。県側は作業員らの疲労に配慮したといい、この日は作業しなかった。

 付け替え道路の工事をめぐっては、県が1月にも早朝に重機などを搬入。以降は工事を断続的に進めており、抗議する地権者らと小競り合いが起きている。

 県が未明に詰め所を設けたことについて、住民の一人は「県はまず私たちと話し合うべきだ。こうしたやり方は許せない」と話した。(福岡泰雄)


◆石木ダム工事現場に休憩所設置
(NHK 2017年06月21日 17時03分)
http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/5034452211.html

長崎県と佐世保市が川棚町に計画している石木ダムについて、県は、工事現場の近くに、作業員用の休憩所を新たに設置し、建設に反対する地権者は「一方的に工事を進めようとする県に怒りを感じる」と反発を強めています。

川棚町の石木ダムの工事現場では、県がダム建設によって水没する県道の代わりになる新しい道路の建設工事を行うため、ことし1月から建設用の機材を搬入して工事を始めています。

この工事に伴い県は、20日未明、関係者が工事現場の出入りに使う入り口付近の県の土地に、プレハブ小屋と高さ2メートルほどの囲いを設置しました。

この小屋について県は今後、道路を設置する工事が本格化するのを前に、作業員の打ち合わせや休憩などに使用するとしています。

これに対して、ダムの建設に反対する地権者らおよそ10人が、21日も新たに設置された囲いの前で座り込み、抗議活動を行うなど県への反発を強めています。

地権者の1人は「私たちの話を聞かずに一方的に工事を進めようとする県に怒りを感じる。ダム建設がなくなるまで抗議し続ける」と話していました。

【2017/06/25 00:22】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック