「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
            嶋津 暉之

残念な記事ですが、山形県の最上小国川ダムの本体工事についての記事を参考までにお知らせします。
ダムに反対し続けた小国川漁協の沼沢勝善・元組合長が2014年2月にお亡くなりになってから、ダム事業が一気に進むようになりました。
ここでも有害無益なダム工事が進行中です。

◆最上小国川ダム、現地で説明会 13日に定礎式
(山形新聞2017年06月07日)
http://www.yamagata-np.jp/news/201706/07/kj_2017060700137.php

 県が最上町富沢に建設を進めている最上小国川ダムの定礎式が13日に行われるのを前に、報道関係者を対象にした施工状況説明会が7日、現地で開かれた。
 同ダムは東北初の流水型(穴あき)ダム。通常時は水をためず、洪水時は水量を制限して下流に流し、被害を最小限に食い止める治水機能を持つ。

 説明会では県最上総合支庁建設部河川砂防課の担当者がこれまでの工事の経過やダムの特徴などを報告した。現場ではステンレス製の二つの流水箇所の周りに、クレーン車でコンクリートを運び打設する作業が進められていた。定礎式までに地盤から約3メートルの高さまでの打設が進むという。

 堤体(ダム本体)工事は2015年2月に始まり、工期は19年3月までを予定している。総事業費は84億円。計画では堤体の高さ41メートル、幅143メートル。流水箇所は幅1.7メートルで上流部は高さ1.6メートル、下流部は同5.6メートル。50年に一度の大雨を想定し、最大210万立方メートルを貯水できる。


追記を閉じる▲
 同ダムは東北初の流水型(穴あき)ダム。通常時は水をためず、洪水時は水量を制限して下流に流し、被害を最小限に食い止める治水機能を持つ。

 説明会では県最上総合支庁建設部河川砂防課の担当者がこれまでの工事の経過やダムの特徴などを報告した。現場ではステンレス製の二つの流水箇所の周りに、クレーン車でコンクリートを運び打設する作業が進められていた。定礎式までに地盤から約3メートルの高さまでの打設が進むという。

 堤体(ダム本体)工事は2015年2月に始まり、工期は19年3月までを予定している。総事業費は84億円。計画では堤体の高さ41メートル、幅143メートル。流水箇所は幅1.7メートルで上流部は高さ1.6メートル、下流部は同5.6メートル。50年に一度の大雨を想定し、最大210万立方メートルを貯水できる。

【2017/06/09 20:17】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック