「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
      嶋津 暉之

熊本県・球磨川の荒瀬ダムの撤去工事が終盤を迎えました。
撤去の歴史を後世に伝えるために荒瀬ダムの本体の一部を遺構として残すことになりました。
日本では残念ながら、荒瀬ダムに続くダム撤去の話がいまだに出てきていません。

◆荒瀬ダム、一部遺構化 両岸に記念スポット整備
(熊本日日新聞2017年06月02日 )
http://kumanichi.com/news/local/main/20170602001.xhtml

 県企業局は1日、球磨川下流の県営荒瀬ダム(八代市坂本町)について、撤去の歴史を後世に伝えるために両川岸のダム本体の一部を遺構として残し、活用する方針を明らかにした。同日開かれた専門委員会で提案し、了承された。

 遺構として残すのは、右岸の県道中津道八代線側の門柱部分約10メートルと左岸の国道219号側にあるコンクリート部分の約15メートル。右岸の門柱は当初、撤去する計画だった。
 両岸の道路沿いにそれぞれ、遺構と一体化した記念スポットを整備し、案内板なども設置する予定。今後、河川管理者の国土交通省と協議を進める。

 撤去の歴史を伝える記念碑のような構造物は、地元から設置要望が上がっていた。専門委の議論では「治水の観点からもダム本体の一部を残すべきだ」との意見が出ていた。

 専門委は熊本市であり、河川工学や動植物学の専門家ら8人が出席。流量や水質、動植物などの継続的な調査を踏まえ、「ダムができる前の流れが戻りつつある」と確認した。

 荒瀬ダムは、全国初の本格的なダム撤去として2012年に工事を開始。17年度は管理所や発電所を解体し、撤去工事を完了する予定。事業費は総額88億円。(太路秀紀)


◆荒瀬ダムの一部遺構に 県が方針
(読売新聞熊本版2017年06月02日)
http://www.yomiuri.co.jp/local/kumamoto/news/20170601-OYTNT50184.html

 県企業局は1日、撤去工事が進む県営荒瀬ダム(八代市)について、ダム本体の一部を遺構として残す方針を明らかにした。地元から「ダムの功績を後世に伝えてほしい」と要望があったためで、今後ダムがあった球磨川を管理する国土交通省と保存に向けた協議を行う。

工事は2012年度から今年度までの6年間の予定で、本格的なコンクリートダムの撤去は全国初とされる。川をせき止めていたダム本体はほとんどが解体されている。

 保存を計画しているのは、球磨川の東側を通る県道から川にせり出すように残る長さ約10メートル、高さ約25メートル部分。普段は川の水に接しておらず、増水時も流れを阻害しないという。対岸の国道219号沿いには遺構を望むスペースを整備し、ダムの歴史を紹介する看板を設置する。

 県企業局は「荒瀬ダムは、県の産業基盤として重要な役割を担っていた。功績を伝える遺構にしたい」としている。


追記を閉じる▲
 両岸の道路沿いにそれぞれ、遺構と一体化した記念スポットを整備し、案内板なども設置する予定。今後、河川管理者の国土交通省と協議を進める。

 撤去の歴史を伝える記念碑のような構造物は、地元から設置要望が上がっていた。専門委の議論では「治水の観点からもダム本体の一部を残すべきだ」との意見が出ていた。

 専門委は熊本市であり、河川工学や動植物学の専門家ら8人が出席。流量や水質、動植物などの継続的な調査を踏まえ、「ダムができる前の流れが戻りつつある」と確認した。

 荒瀬ダムは、全国初の本格的なダム撤去として2012年に工事を開始。17年度は管理所や発電所を解体し、撤去工事を完了する予定。事業費は総額88億円。(太路秀紀)


◆荒瀬ダムの一部遺構に 県が方針
(読売新聞熊本版2017年06月02日)
http://www.yomiuri.co.jp/local/kumamoto/news/20170601-OYTNT50184.html

 県企業局は1日、撤去工事が進む県営荒瀬ダム(八代市)について、ダム本体の一部を遺構として残す方針を明らかにした。地元から「ダムの功績を後世に伝えてほしい」と要望があったためで、今後ダムがあった球磨川を管理する国土交通省と保存に向けた協議を行う。

工事は2012年度から今年度までの6年間の予定で、本格的なコンクリートダムの撤去は全国初とされる。川をせき止めていたダム本体はほとんどが解体されている。

 保存を計画しているのは、球磨川の東側を通る県道から川にせり出すように残る長さ約10メートル、高さ約25メートル部分。普段は川の水に接しておらず、増水時も流れを阻害しないという。対岸の国道219号沿いには遺構を望むスペースを整備し、ダムの歴史を紹介する看板を設置する。

 県企業局は「荒瀬ダムは、県の産業基盤として重要な役割を担っていた。功績を伝える遺構にしたい」としている。

【2017/06/04 02:37】 | 脱ダムの流れ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック