「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
          嶋津 暉之

利根川水系神流川の下久保ダム直下にある三波石峡のアユ漁場を復活するため、 神流川漁協が稚魚を放流するという記事です。
しかし、三波石峡を数回訪れたことがありますが、岩肌をコケが覆い、草木が生い茂って、渓谷の魅力がすっかりなくなっていました。

三波石峡(さんばせききょう)、下久保ダム 見学会の報告
 http://yambasaitama.blog38.fc2.com/blog-entry-2342.html

観光客の激減で散策路は草が生い茂り、歩くことも困難になっていました。
ダム管理所が行っている土砂掃流による礫のクレンジング効果は最上流部だけで、少し下流に行くと、その効果は見られませんでした。

◆ダムで失われた三波石峡のアユ漁場  復活を 神流川漁協が稚魚放流
(上毛新聞2017/ 5/16(火)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00010000-jomo-l10

下久保ダム建設で失われた群馬県の三波石峡(藤岡市譲原)のアユ漁場を復活させようと、神流川漁業協同組合(須藤幸一組合長)は15日、稚魚約1万匹を放流した。三波石峡周辺のアユ釣り解禁は7月1日。組合は「三波石峡が国天然記念物に指定されて60年の節目。にぎわいを生み出したい」としている。

◎好漁場を期待 ダム管理所も協力

三波石峡の叢石(そうせき)橋付近で、組合員7人が稚魚を入れたバケツを川面にゆっくりと傾けた。組合によると、エサとなるコケが生えやすく、身を隠しやすい岩石が多いため好漁場になる可能性が高いという。須藤組合長(70)は「釣り人が訪れると渓谷沿いの草地が踏まれ、道ができて歩きやすくなる。観光面でのプラスも期待できる」と話した。

ダムが1968年に完成すると、直下にある三波石峡への流れが止まり、干上がった。地元の要望を受け、2001年に毎秒0.3トンが放流されるようになり、近年は魚が生息できるまで環境が改善した。

河川をきれいにする効果がある「土砂掃流」を03年から行っている同ダム管理所は「アユの定着を組合とともにチェックしたい」としている。

【2017/05/17 03:41】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック