「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
         嶋津 暉之

東日本大震災で決壊した藤沼ダムが復旧し、水の供給が再開されました。

◆決壊の須賀川・藤沼ダム、7年ぶりに水供給再開 800世帯の水田に豊かな水 /福島
(毎日新聞福島版2017年4月25日)
https://mainichi.jp/articles/20170425/ddl/k07/040/024000c

 東日本大震災で決壊し、復旧工事が進んでいた須賀川市の農業用ダム「藤沼ダム」で24日、7年ぶりに水の供給が再開された。関係者は、田植えを前にした下流域の水田に再び豊かな水が送られ始めた様子にほっとした表情を見せながら、震災直後の惨状を振り返り、安全な運用を誓った。【笹子靖】

 市所有の藤沼ダム(貯水量150万トン)は2011年3月11日の震災で、堤防(高さ約18・5メートル、長さ約133メートル)に亀裂が入って決壊した。鉄砲水が下流域を襲って7人が死亡、1人が行方不明となり、民家など22棟が全壊する被害が出た。

 県が代行したダムの復旧工事は13年10月に着工し、約68億円をかけてダム本体の耐震強度も高めた。今年1月からはダム湖を満水にして安全性を確認する試験を実施していた。県によると、24日現在の貯水率は86%で満水にはならなかったものの、ダム本体や周辺に異常はなかった。

 この日は農業用水の供給を受ける江花川沿岸土地改良区や県中農林事務所、須賀川市の関係者らがダムの堤防上に集まった。午前10時過ぎ、取水ゲートを開く操作盤のスイッチを担当者が押すと、間もなくダム湖の水が堤防下の用水路から勢いよく流れ出て、給水が再開された。
(写真)藤沼ダムの堤防で取水ゲートのスイッチが押されるのを見守る関係者

 農業用水は9月ごろまで、下流域にある須賀川市内のコメ農家など約800世帯、837ヘクタールに供給される。震災後、下流域のコメ栽培は雨水などを頼りに行われてきたが、給水再開で安定した水が得られるようになり、多くの農家が大型連休に田植えをするという。

 ダムの決壊時、現場で対応に追われた江花川沿岸土地改良区の事務局長、安田勝男さん(70)は給水再開を喜びながら「これで安定した水を確保できるめどが立った。災害で犠牲になった方々のことも改めて心に留め、安全安心なダムの運用に努めたい」と話した。

◆『復興実感してもらえる』 須賀川・藤沼ダム供給再開、農家歓迎
(福島民友2017年04月25日 08時25分)
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170425-167138.php
 24日に7年ぶりに農業用水として供給を再開した須賀川市の農業用ダム「藤沼湖」(藤沼ダム)。供給再開を待ちわびていた同市長沼地区などの農家を喜ばせた。

 水の供給再開のためダムの取水ゲート前には関係者約20人が集まった。供給再開にあたり県県中農林事務所の桃井栄一所長が試験貯水の経過を報告、同市の石堂伸二産業部長が取水ゲートの操作開始を合図した。

 ダム管理に携わる江花川沿岸土地改良区の鈴木義教さんがゲートを開けるボタンを押した。水は水路を勢いよく流れ出し、下流の簀ノ子(すこ)川に入った。

 同市長沼地区でコメを作る男性(33)は「毎年、水が少なく感じていたので再開はうれしい。今後は安全、安心なダムであってほしい」と供給再開を歓迎した。

 桃井所長は「長沼地区にとって藤沼ダムはシンボル的な存在。復興を実感してもらえるはず。安全性の確認を続けていきたい」と語った。

 今回の試験貯水では期間中の降水量が直近10年間の平均と比べて少なく、86%ほどしか水をためられなかった。貯水量が貯水可能な最高水位に達せず、県は秋ごろから再び試験貯水を行う。約2カ月半で満水になる見込みだ。

 新しいダムは2013(平成25)年に着工、東日本大震災級の地震にも耐えられる設計で造られた。現在はダム周辺の舗装工事などが行われている。作付け時期に農業用水として水を供給するため、県は今年1月から試験貯水を行ってきた。

◆『命の水』7年ぶり供給再開 大震災で決壊の須賀川・藤沼ダム
(福島民友2017年04月25日 07時45分)
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170425-167128.php

 東日本大震災で決壊、福島県が復旧を進めてきた須賀川市の農業用ダム「藤沼湖」(藤沼ダム)の水が24日、農業用水として下流域に7年ぶりに供給された。

 県や市、ダムの管理に携わる江花川沿岸土地改良区の関係者が立ち会い、ダムの取水ゲートを開け、水の供給を再開した。

 震災では藤沼湖の堤が決壊し、下流域で7人が死亡したほか、幼児1人が行方不明となった。新ダムの貯水量は150万トンで、受益面積は837ヘクタール。

 長沼地区を中心に約800世帯の農家が「命の水」の恩恵を受ける。総工費は約68億円。

◆大地に水の恵み再び 長沼・藤沼湖
( 福島民報 2017/04/25 09:37 )
http://www.minpo.jp/news/detail/2017042541041

 東日本大震災の被害から復旧した須賀川市長沼地区の農業用ダム「藤沼湖」は24日、7年ぶりに農業用水の供給を再開し、須賀川市西部の農地を潤した。ダム下流域の稲作農家らは震災の年の作付けを断念し、その後も雨水や川の水を利用するなど水の確保に苦労した。待望の給水再開に工事関係者や農家は水の恵みを喜び、農業再生と地域復興を期待した。

 午前10時ごろ、ダムを管理する江花川沿岸土地改良区の職員が取水ゲートを開くスイッチを押すと、ごう音を立てて湖水が滝のように流れ落ちた。7年ぶりに恵みの水が下流域の田畑に流れ込んだ。
 取水口から入った水はトンネルを通ってダム下の洪水吐(こうずいばき)と呼ばれる水路に流れ落ち、簀ノ子(すのこ)川や江花川に合流して須賀川市西部一帯の837ヘクタールの農地に行き渡る。受益者は約800世帯。貯水量は震災前と同じ150万立方メートルで本堤と副堤でせき止められている。堤体は東日本大震災級の地震にも耐えられるよう建設された。
 通水式では、桃井栄一県県中農林事務所長が工事の進捗(しんちょく)状況を説明した後、石堂伸二須賀川市産業部長の号令で取水ゲートが開かれた。桃井所長は「農業用水の供給再開で震災前の形に戻ったと思う。長沼地区のシンボルである藤沼湖に多くの人に足を運んでもらい、復興した姿を感じ取ってほしい」と語った。

※藤沼湖 須賀川市江花にある農業用ダムで昭和24年に完成した。平成23年の東日本大震災で決壊し、濁流が押し寄せた下流域で死者7人、幼児1人が行方不明になるなどの被害があった。県が25年10月に再建工事に着手し、昨年12月に堤体が完成、1月に試験貯水を開始した。水の需要がなくなる10月以降に貯水を再開し、満水までためて異常がないことを確認した後、須賀川市に引き渡される。ダムの管理は江花川沿岸土地改良区が担う。


追記を閉じる▲

 県が代行したダムの復旧工事は13年10月に着工し、約68億円をかけてダム本体の耐震強度も高めた。今年1月からはダム湖を満水にして安全性を確認する試験を実施していた。県によると、24日現在の貯水率は86%で満水にはならなかったものの、ダム本体や周辺に異常はなかった。

 この日は農業用水の供給を受ける江花川沿岸土地改良区や県中農林事務所、須賀川市の関係者らがダムの堤防上に集まった。午前10時過ぎ、取水ゲートを開く操作盤のスイッチを担当者が押すと、間もなくダム湖の水が堤防下の用水路から勢いよく流れ出て、給水が再開された。
(写真)藤沼ダムの堤防で取水ゲートのスイッチが押されるのを見守る関係者

 農業用水は9月ごろまで、下流域にある須賀川市内のコメ農家など約800世帯、837ヘクタールに供給される。震災後、下流域のコメ栽培は雨水などを頼りに行われてきたが、給水再開で安定した水が得られるようになり、多くの農家が大型連休に田植えをするという。

 ダムの決壊時、現場で対応に追われた江花川沿岸土地改良区の事務局長、安田勝男さん(70)は給水再開を喜びながら「これで安定した水を確保できるめどが立った。災害で犠牲になった方々のことも改めて心に留め、安全安心なダムの運用に努めたい」と話した。

◆『復興実感してもらえる』 須賀川・藤沼ダム供給再開、農家歓迎
(福島民友2017年04月25日 08時25分)
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170425-167138.php
 24日に7年ぶりに農業用水として供給を再開した須賀川市の農業用ダム「藤沼湖」(藤沼ダム)。供給再開を待ちわびていた同市長沼地区などの農家を喜ばせた。

 水の供給再開のためダムの取水ゲート前には関係者約20人が集まった。供給再開にあたり県県中農林事務所の桃井栄一所長が試験貯水の経過を報告、同市の石堂伸二産業部長が取水ゲートの操作開始を合図した。

 ダム管理に携わる江花川沿岸土地改良区の鈴木義教さんがゲートを開けるボタンを押した。水は水路を勢いよく流れ出し、下流の簀ノ子(すこ)川に入った。

 同市長沼地区でコメを作る男性(33)は「毎年、水が少なく感じていたので再開はうれしい。今後は安全、安心なダムであってほしい」と供給再開を歓迎した。

 桃井所長は「長沼地区にとって藤沼ダムはシンボル的な存在。復興を実感してもらえるはず。安全性の確認を続けていきたい」と語った。

 今回の試験貯水では期間中の降水量が直近10年間の平均と比べて少なく、86%ほどしか水をためられなかった。貯水量が貯水可能な最高水位に達せず、県は秋ごろから再び試験貯水を行う。約2カ月半で満水になる見込みだ。

 新しいダムは2013(平成25)年に着工、東日本大震災級の地震にも耐えられる設計で造られた。現在はダム周辺の舗装工事などが行われている。作付け時期に農業用水として水を供給するため、県は今年1月から試験貯水を行ってきた。

◆『命の水』7年ぶり供給再開 大震災で決壊の須賀川・藤沼ダム
(福島民友2017年04月25日 07時45分)
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170425-167128.php

 東日本大震災で決壊、福島県が復旧を進めてきた須賀川市の農業用ダム「藤沼湖」(藤沼ダム)の水が24日、農業用水として下流域に7年ぶりに供給された。

 県や市、ダムの管理に携わる江花川沿岸土地改良区の関係者が立ち会い、ダムの取水ゲートを開け、水の供給を再開した。

 震災では藤沼湖の堤が決壊し、下流域で7人が死亡したほか、幼児1人が行方不明となった。新ダムの貯水量は150万トンで、受益面積は837ヘクタール。

 長沼地区を中心に約800世帯の農家が「命の水」の恩恵を受ける。総工費は約68億円。

◆大地に水の恵み再び 長沼・藤沼湖
( 福島民報 2017/04/25 09:37 )
http://www.minpo.jp/news/detail/2017042541041

 東日本大震災の被害から復旧した須賀川市長沼地区の農業用ダム「藤沼湖」は24日、7年ぶりに農業用水の供給を再開し、須賀川市西部の農地を潤した。ダム下流域の稲作農家らは震災の年の作付けを断念し、その後も雨水や川の水を利用するなど水の確保に苦労した。待望の給水再開に工事関係者や農家は水の恵みを喜び、農業再生と地域復興を期待した。

 午前10時ごろ、ダムを管理する江花川沿岸土地改良区の職員が取水ゲートを開くスイッチを押すと、ごう音を立てて湖水が滝のように流れ落ちた。7年ぶりに恵みの水が下流域の田畑に流れ込んだ。
 取水口から入った水はトンネルを通ってダム下の洪水吐(こうずいばき)と呼ばれる水路に流れ落ち、簀ノ子(すのこ)川や江花川に合流して須賀川市西部一帯の837ヘクタールの農地に行き渡る。受益者は約800世帯。貯水量は震災前と同じ150万立方メートルで本堤と副堤でせき止められている。堤体は東日本大震災級の地震にも耐えられるよう建設された。
 通水式では、桃井栄一県県中農林事務所長が工事の進捗(しんちょく)状況を説明した後、石堂伸二須賀川市産業部長の号令で取水ゲートが開かれた。桃井所長は「農業用水の供給再開で震災前の形に戻ったと思う。長沼地区のシンボルである藤沼湖に多くの人に足を運んでもらい、復興した姿を感じ取ってほしい」と語った。

※藤沼湖 須賀川市江花にある農業用ダムで昭和24年に完成した。平成23年の東日本大震災で決壊し、濁流が押し寄せた下流域で死者7人、幼児1人が行方不明になるなどの被害があった。県が25年10月に再建工事に着手し、昨年12月に堤体が完成、1月に試験貯水を開始した。水の需要がなくなる10月以降に貯水を再開し、満水までためて異常がないことを確認した後、須賀川市に引き渡される。ダムの管理は江花川沿岸土地改良区が担う。

【2017/04/27 02:37】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック