「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
            嶋津 暉之

石木ダム問題についての記事です。

◆長崎)重機搬入から10日 石木ダムの現場は
(朝日新聞2017年2月9日03時00分)
http://digital.asahi.com/articles/ASK2851MCK28TOLB008.html

県と佐世保市が川棚町で進める石木ダム計画で、本体工事に先立つ付け替え道路工事のため県が重機類を搬入してから8日で10日間が経過した。

この間、実際に作業をしたのは2日間だけで、県河川課は「順調とはいえない」としている。一方、ダムに反対する地元地権者らは、作業を進めさせないための監視や警戒活動を続けている。
付け替え道路は、ダムで水没する県道嬉野川棚線に代わる道路。県によると、2017年度に開始を予定しているダム本体工事によって通行止めになる前に、一般車両が通れる状態まで仕上げる必要があるという。

地権者らは、県の事務所や業者が休みの土・日・祝日を除き、川棚町石木郷にある工事予定地入り口のゲート前に集まり、計画反対の横断幕を掲げたり、県の動きを監視したりしてきた。

しかし、県は日曜日だった1月29日の早朝に重機を搬入。その後、地権者らがいない時間や場所を見はからってゲート以外から作業員らが中に入り、1月31日と2月3日に整地作業などをした。

以降、地権者らは「いつ入ってくるか分からない」として、ゲート前だけでなく、重機置き場につながる複数のルートに分散して、時間も従来よりも長く監視をしている。3日は、作業員らが日没後も詰め所に残っていたため、交代で警戒を続けたという。

地権者らは60代、70代の人が多く、阻止行動は心身の負担が大きいが、「ダムは不要だから、付け替え道路も不要」「付け替え道路を許したら、本体工事まで押し切られてしまいかねない」と懸念する。

県石木ダム建設事務所の有吉正敏所長は「けが人を出すことのないよう、慎重に作業を進めたい」と話している。(福岡泰雄)


追記を閉じる▲
付け替え道路は、ダムで水没する県道嬉野川棚線に代わる道路。県によると、2017年度に開始を予定しているダム本体工事によって通行止めになる前に、一般車両が通れる状態まで仕上げる必要があるという。

地権者らは、県の事務所や業者が休みの土・日・祝日を除き、川棚町石木郷にある工事予定地入り口のゲート前に集まり、計画反対の横断幕を掲げたり、県の動きを監視したりしてきた。

しかし、県は日曜日だった1月29日の早朝に重機を搬入。その後、地権者らがいない時間や場所を見はからってゲート以外から作業員らが中に入り、1月31日と2月3日に整地作業などをした。

以降、地権者らは「いつ入ってくるか分からない」として、ゲート前だけでなく、重機置き場につながる複数のルートに分散して、時間も従来よりも長く監視をしている。3日は、作業員らが日没後も詰め所に残っていたため、交代で警戒を続けたという。

地権者らは60代、70代の人が多く、阻止行動は心身の負担が大きいが、「ダムは不要だから、付け替え道路も不要」「付け替え道路を許したら、本体工事まで押し切られてしまいかねない」と懸念する。

県石木ダム建設事務所の有吉正敏所長は「けが人を出すことのないよう、慎重に作業を進めたい」と話している。(福岡泰雄)

【2017/02/11 01:06】 | 石木ダム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック