「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
      嶋津 暉之

腹立たしいですが、八ッ場ダム基本計画の第5回変更が14日、告示され八ッ場ダムの事業費を約720億円増額する基本計画変更の手続きが終了しました。

「八ッ場ダムの建設に関する基本計画」の変更手続完了について
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/river_00000287.html

関東地方整備局
河川部

国土交通省関東地方整備局では、洪水被害の軽減や都市用水の確保等のために、八ッ場ダム建設事業を進めてきており、現在、ダム本体のコンクリート打設等を実施しています。
同事業の特定多目的ダム法第4条による基本計画について、変更手続を本年8月12日より、同条第4項に基づき進めていましたが、本日、手続が完了しましたのでお知らせ致します。
(本日、同法同条第5項の規定に基づき、官報に公示しています。)

(参考)
○事業費:約4,600億円→約5,320億円
○工期:平成31年度→(変更なし)

別紙・参考資料
本文資料(PDF) [66 KB]


◆八ッ場ダム 基本計画変更 事業費増額手続き完了 1都5県同意 /群馬
(毎日新聞群馬版2016年12月15日)
http://mainichi.jp/articles/20161215/ddl/k10/010/194000c

 国土交通省関東地方整備局は14日、八ッ場ダムの事業費を約720億円増額する基本計画の変更に関係1都5県が同意、必要な手続きを終えたと発表した。

総事業費は約4600億円から約5320億円となる。工期に変更はなく2019年度完成の予定。

 整備局は8月、建設資材の高騰や消費税増税などを理由に増額を発表。基本計画を変更するには、特定多目的ダム法に基づき、流域の6都県知事らの意見を聞く必要がある。

 整備局によると、6都県の知事から「徹底したコスト縮減による総事業費の圧縮」といった意見付きで同意を得た。

 八ッ場ダムは利根川支流の吾妻川に建設する多目的ダム。既に本体工事に着手している。


◆八ッ場ダム事業費720億円増額 6都県同意、手続き完了
(東京新聞群馬版2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201612/CK2016121502000206.html

 国土交通省関東地方整備局は十四日、八ッ場ダム(長野原町)の事業費を約七百二十億円増額する基本計画の変更に関係一都五県が同意、必要な手続きを終えたと発表した。

総事業費は約四千六百億円から約五千三百二十億円となる。工期に変更はなく二〇一九年度完成の予定。

 整備局は八月、建設資材の高騰や消費税増税などを理由に増額を発表。基本計画を変更するには、特定多目的ダム法に基づき、流域の六都県知事らの意見を聴く必要がある。

 整備局によると、六都県の知事から「徹底したコスト縮減による総事業費の圧縮」といった意見付きで同意を得た。

 八ッ場ダムは利根川支流の吾妻川に建設する多目的ダム。既に本体工事に着手している。

【2016/12/16 02:38】 | 八ツ場情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック