「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
石木ダム問題の記事です。

◆長崎)県、仮処分申し立て 「通行妨害禁止を」
(朝日新聞長崎版2016年10月29日03時00分)
http://digital.asahi.com/articles/ASJBX4FSBJBXTOLB008.html

県と佐世保市が計画している石木ダム(川棚町)の付け替え道路工事をめぐり、県は28日、ダム工事に反対する地権者や支援者らによる工事現場への車両の通行妨害を禁止するよう求める仮処分を、長崎地裁佐世保支部に申し立てた。

県は、工事現場への入り口にあたる県有地で反対派が座り込みやテントの設置などを行って工事を妨害していると主張。申し立てでは、地権者ら19人に県や工事業者の通行を妨害しないよう求めている。

同様の通行妨害禁止の仮処分は2014年に県が申し立て、15年3月に16人に対して仮処分が決定。県は仮処分の決定に一定の効果があったとして、新たに特定できた19人について同様の申し立てをしたという。県は前回の仮処分決定を受けて15年5月に工事を再開したが、妨害が続いているとして実質的な工事を中断している。

県は「反対派に対し、事業への理解は引き続き求めていく。妨害が行われているのは県有地であり、仮処分の申し立ては社会のルールの範囲内で進めていく」としている。

これに対し、石木ダム計画の地元・川原地区で反対運動を続ける、住民の岩下すみ子さん(67)は「ダムが要らないのだから、付け替え道路も要らない。税金の無駄遣いをしようとしている。権力が締め出そうとしても、私たちは屈しない」と話した。

◆石木ダム・県が2度目の通行妨害禁止を申し立て
(テレビ長崎2016年10月28日 18:47)
http://www.ktn.co.jp/news/2016102896083/

東彼・川棚町に計画されている石木ダムの関連道路の工事を進めるため、県が、2度目の仮処分を申し立てました。前回に続き、工事現場入り口で作業員の邪魔をするなどの妨害行為の禁止を求めています。

長崎県土木部 吉田慎一次長「地域の皆さまの安全・安心を確保するため、早急に工事を進めたい」県は、28日、長崎地裁佐世保支部に対し、石木ダム建設に関連する道路の工事現場入り口前で、妨害行為を禁止する仮処分を申し立てました。

石木ダム事業をめぐっては、ダム建設に反対する地権者らの抗議で、関連道路の工事が中断しています。

県と工事業者との契約期間は来年1月までとなっていて、県は、重機などを使った工事にできるだけ早く着手したい考えで、こう着状態を打開するため、申し立てに至りました。

妨害行為の禁止を求める仮処分の申し立ては、おととしに続き2回目で、今回は地権者を含む19人の行為を「妨害」と主張しています。

長崎県土木部 吉田慎一次長「ゲート付近に事業反対の方々が並ばれて通行妨害を繰り返しているので、本日の仮処分申し立てとなった」

県の申し立てについて地権者の1人は「ダムの必要性について十分な説明や話し合いもせず、強硬な態度に怒りを感じる」と話しています。


追記を閉じる▲

長崎県土木部 吉田慎一次長「地域の皆さまの安全・安心を確保するため、早急に工事を進めたい」県は、28日、長崎地裁佐世保支部に対し、石木ダム建設に関連する道路の工事現場入り口前で、妨害行為を禁止する仮処分を申し立てました。

石木ダム事業をめぐっては、ダム建設に反対する地権者らの抗議で、関連道路の工事が中断しています。

県と工事業者との契約期間は来年1月までとなっていて、県は、重機などを使った工事にできるだけ早く着手したい考えで、こう着状態を打開するため、申し立てに至りました。

妨害行為の禁止を求める仮処分の申し立ては、おととしに続き2回目で、今回は地権者を含む19人の行為を「妨害」と主張しています。

長崎県土木部 吉田慎一次長「ゲート付近に事業反対の方々が並ばれて通行妨害を繰り返しているので、本日の仮処分申し立てとなった」

県の申し立てについて地権者の1人は「ダムの必要性について十分な説明や話し合いもせず、強硬な態度に怒りを感じる」と話しています。

【2016/10/31 22:39】 | 石木ダム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック