「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

石木ダムによって故郷を奪われようとしている人々の生活を守るための映画作りが進められています。
その制作資金の支援がA-port(朝日新聞社のクラウドファンディングサイト)で行われています。
A-portの支援期間の締め切りが迫ってきましたので、ご協力をよろしくお願いします。
https://a-port.asahi.com/projects/kobaru/ をご覧ください。

里山にダムはいる?いらない?故郷を守ってきた人々の暮らしを巡る映画を完成させたい
2016-10-23_22h54_39.jpg

長崎県川棚町こうばる地区。夏には蛍が舞う自然豊かなこの里山に、ダム建設計画が持ち上がったのは約半世紀前。そして今まさに住民たちの反対をよそに、ダム建設のための土地収用が強行されようとしています。

私はそんな状況にも関わらず、明るく前向きに暮らす13世帯の家族の日々を、世界中の人々に伝えたくて映画を制作しています。

しかし完成までの制作資金が足りません。なんとか完成させたいです。ぜひともご支援の程、よろしくお願いします!

【2016/10/23 23:09】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック