「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
              嶋津 暉之

八ッ場ダム本体工事の基礎掘削量が約60万㎥から約84万㎥へと、1.4倍に増えることが明らかになりました。

「八ッ場ダムを考える1都5県議会議員の会」(事務局長 入江晶子千葉県議)が千葉県に対して、第5回八ッ場ダム基本計画変更案について質問書を提出したところ、県から回答が出ました。

八ッ場あしたの会がその回答をコメント付きでHPに掲載しましたので、ご覧ください。
http://ur2.link/yNuy

千葉県の回答は、国交省の説明を鵜呑みにした主体性のないものですが、その中で注目すべきことは、
「3ー8  今回の計画変更案では、基礎掘削量は約70万㎥から約84万㎥、コンクリート量は約91万㎥から約101万㎥になったと聞いている」
と答えていることです。

ここで、基礎掘削量は「約70万㎥から」となっていますが、これは誤りで、八ッ場ダム本体工事入札公告時の基礎掘削量の設計値は添付の通り、約60万㎥です。
60万㎥から84万㎥へですから、4割も増加することになり、大幅な増加です。
これは基礎岩盤の掘削で想定外の脆弱な地層に遭遇したことによるものです。
このため、ダム本体の基礎掘削は今年4月に終わる予定でしたが、今なお続けられており、今後の見通しも明らかにされていません。

6月から本体打設工事に入ったという報道がありましたが、それはダム本体の裾野と言うべき減勢工の部分でコンクリート打設を形だけ始めただけであり、本来のダム本体の打設工事、堤体部の打設工事ではありません。

本来の本体打設工事が今後、どうなるのか、八ッ場ダム事業の今後は不透明なままになっています。

八ッ場ダム本体工事入札公告2014年1月8日.pdf

【2016/10/07 02:05】 | 八ツ場情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック