「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
              嶋津 暉之

9月11日に東京水道橋でシンポジウム「ウナギが生きる川を取り戻す」が開かれました。

◆9月11日(日)「ウナギが生きる川を取り戻す  ~ウナギと河川環境の問題を考えるシンポジウム~」
水源連
http://suigenren.jp/news/2016/08/31/8594/

日本養殖新聞にシンポジウムの内容を紹介する記事が載りました。
2016-09-22_10h52_36.jpg

「八ッ場あしたの会」のサイトに詳しい報告が載っています。
◆利根川の未来を考えるカムバック・ウナギ・プロジェクト |
https://is.gd/dpJ24g


シンポジウムとは別ですが環境省がニホンウナギが住みやすい川の保全指針をまとめるそうです。

◆ニホンウナギ住みやすい川へ保全指針を 環境省が検討会
(朝日新聞2016年9月18日10時33分)
http://digital.asahi.com/articles/ASJ9H753QJ9HULBJ01T.html?rm=218

 環境省は16日、絶滅のおそれがあるニホンウナギの保全に向けた検討会を立ち上げた。自治体や漁業者、市民団体などがウナギがすみやすい環境づくりを目指すための指針を年度内にまとめる。
海からさかのぼりやすく、隠れ場所も多い河川環境を守るのが狙いだ。
 国際自然保護連合(IUCN)は2014年、ニホンウナギを絶滅が危ぶまれる生き物のレッドリストに追加。養殖ウナギも稚魚は天然で、取りすぎや生息環境の悪化が指摘され、日本に厳しい目が向けられた。

 そこで環境省は14~15年度、関東平野を流れる利根川や静岡・神奈川県を流れる酒匂川、福岡県の西郷川など6河川でニホンウナギの現状を調査。

ウナギは海と川の間を回遊するが、川を横切る堰(せき)ができて上流にさかのぼりにくくなったり、護岸工事で隠れ場所やえさ場が減ったりしたことがわかった。

 調査をもとに海と川、ため池や水田の間を行き来しやすく、隠れ場所やえさ場が豊富にあるような、ウナギに好ましい河川環境を守ったり再生したりすることを目指す。

日本が大量に輸入してきたヨーロッパウナギは絶滅のおそれからすでに09年に国際取引が規制され、ニホンウナギも対応が求められている。


追記を閉じる▲
 国際自然保護連合(IUCN)は2014年、ニホンウナギを絶滅が危ぶまれる生き物のレッドリストに追加。養殖ウナギも稚魚は天然で、取りすぎや生息環境の悪化が指摘され、日本に厳しい目が向けられた。

 そこで環境省は14~15年度、関東平野を流れる利根川や静岡・神奈川県を流れる酒匂川、福岡県の西郷川など6河川でニホンウナギの現状を調査。

ウナギは海と川の間を回遊するが、川を横切る堰(せき)ができて上流にさかのぼりにくくなったり、護岸工事で隠れ場所やえさ場が減ったりしたことがわかった。

 調査をもとに海と川、ため池や水田の間を行き来しやすく、隠れ場所やえさ場が豊富にあるような、ウナギに好ましい河川環境を守ったり再生したりすることを目指す。

日本が大量に輸入してきたヨーロッパウナギは絶滅のおそれからすでに09年に国際取引が規制され、ニホンウナギも対応が求められている。

【2016/09/23 02:08】 | シンポジウム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック