「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

国交省の「第36回 今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」が8月3日に開催されます。

http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo03_hh_000910.html

議題は利賀ダム、大戸川ダム、筑後川水系ダム群連携事業、思川開発事業の検証結果です。
これら4ダム事業にゴーサインを出すための会議です。
また、この有識者会議は市民の傍聴を認めない悪弊が続いています。
来年度の概算要求に合わせて急ピッチで4ダム事業の検証を終わらせようとしています。
必要性が失われた4ダム事業をなりふり構わず、推進しようというのですから、腹立たしい限りです。

第36回 今後の治水対策のあり方に関する有識者会議の開催について

1. 日 時  平成28年8月3日(水)15:00~17:00

2. 場 所  中央合同庁舎3号館11階特別会議室

3 議題 ダム事業の検証の検討結果について 等
 とが
・利賀ダム建設事業(北陸地方整備局)
 だいどがわ
・大戸川ダム建設事業(近畿地方整備局)
 ちくごがわすいけい
・筑後川水系ダム群連携事業(九州地方整備局)
 おもいがわ
・思川開発事業(関東地方整備局、独立行政法人水資源機構)

【2016/08/02 00:12】 | 有識者会議
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック