「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

利根川上流にまとまった雨があまりなく、利根川水系8ダムの貯水率は40%前後のままになっています。
ただ、本日、7月1日から洪水調節期になり、利水容量が小さくなるため(8ダムの利水容量46163万㎥→34349万㎥)、貯水率が50%強に変わります。
関東地方整備局でその発表がありましたので、参考までにお伝えします。

◇利根川本川のダムの「貯水率」の表記が変更になります
関東地方整備局 河川部 独立行政法人水資源機構

 利根川本川の国・水資源機構が管理する、治水と利水を目的とする多目的ダムは洪水を貯める容量を確保するため、毎年7月1日より9月30日までの期間、利水のために貯留可能な容量が制限されます。*
 このため、利根川本川のダムの貯水率の表記が変わりますので、お知らせします。
  *矢木沢ダム(水資源機構)は変更なし
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/river_00000272.html

http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000649599.pdf

【2016/07/01 10:57】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック