「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
         嶋津 暉之

思川開発事業の検討の場及び検討の場幹事会の開催案内が関東地方整備局のHPに掲載されました。
今まで開かれてきたのは幹事会でしたが、今回、首長(代理を含む)がメンバーの検討の場も開くということは思川開発の検証が最終段階に入ったことを意味します。
何とかして反対の声を広げていきたいと思います。

「思川開発事業の関係地方公共団体からなる検討の場」(第1回)及び「思川開発事業の関係地方公共団体からなる検討の場」(第7回幹事会)の合同開催について
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/river_00000267.html

関東地方整備局河川部
独立行政法人水資源機構ダム事業部

「思川開発事業の関係地方公共団体からなる検討の場」(第1回)及び「思川開発事業の関係地方公共団体からなる検討の場」(第7回幹事会)を下記のとおり会議を開催しますので、お知らせいたします。

   記

1.開催日時
平成28年6月21日(火) 16時00分から
2.開催場所
グランドアーク半蔵門
住所:東京都千代田区隼町1番1号
開催場所の最寄り駅:
東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」1番出口から徒歩約2分です。
東京メトロ有楽町線「麹町駅」1番出口から徒歩約7分です。
JR「四ツ谷駅」から徒歩約15分です。
※駐車場はご用意していませんので、公共交通機関をご利用下さい。
3.議事(予定)
・思川開発事業の検証に係る検討状況について
・パブリックコメントや学識経験を有する者、関係住民より寄せられたご意見に対する検討主体の考え方
・思川開発事業の検証に係る検討報告書(原案)案 等
4.公開等
・会議は、報道機関を通じて公開します。
・カメラ撮りは、冒頭部分のみ可能です。
・報道機関以外の方で傍聴を希望される方は、別室でテレビ傍聴が可能です。
・その他、取材や傍聴等に関する詳細は、本文資料(PDF)別添資料1及び2をご覧下さい。
・会議での配布資料等は、水資源機構及び関東地方整備局ホームページに掲載します。


【2016/06/17 01:02】 | 検討の場
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック