「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
              嶋津 暉之

富山県の直轄ダム「利賀ダム」の「検討の場」の第3回会合が29日、開かれました。
事業推進に向けて動ぎ出しています。

利賀ダム建設事業の関係地方公共団体からなる検討の場の資料は下記に掲載されています。
http://www.hrr.mlit.go.jp/river/togadamu/togadam%20kensetsujigyounokankeichihoukoukyoudantai.html

利賀ダム検証案についての意見募集も始まりました。
http://www.hrr.mlit.go.jp/river/togadamu/date/iken/iken.html

2010年10月から始まったダム検証は5年半が経ち、直轄ダム・水資源機構ダムで結果が出ていないのは、思川開発、木曽川水系連絡導水路、大戸川ダム、丹生ダム、利賀ダム、筑後川水系ダム群連携事業、城原川ダムとなりました。

国交省本省からの指示があったからだと思われますが、それぞれ、昨年からダム検証の結果を出すための動きが見られます。

例えば、筑後川水系ダム群連携事業の検証の動きは
http://www.qsr.mlit.go.jp/n-kawa/kensyo/04-damugunrenkei/kensyo-damugunrenkei.html

木曽川水系連絡導水路事業の検証の動きはこちらで見ることができます。
http://www.water.go.jp/chubu/chubu/kensho/index.htm

これらの未検証ダムのうち、思川開発、大戸川ダム、利賀ダム、筑後川水系ダム群連携事業、城原川ダムは事業推進の方向が明確になってきています。
推進の方向に待ったを掛ける方法がないかと思います。

◆「利賀ダム」事業継続求める
2016年03月30日
http://www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20160329-OYTNT50348.html

「検討の場」で知事と5市長 民主党政権時代の2009年に本体工事が凍結された国の直轄ダム「利賀ダム」(南砺市、総事業費1150億円)を巡り、国と県、西部の5市が建設の是非を話し合う「検討の場」の第3回会合が29日、砺波市内で開かれた。

国土交通省北陸地方整備局はダムに代わる治水対策案4案などを提示し、石井知事と5市の市長はいずれもダム事業の継続を求めた。

治水対策の技術的な検討に時間がかかったことから、会合は前回の11年3月以来5年ぶりの開催となった。

利賀ダムは、庄川水系の利賀川に建設が計画され、治水と工業用水の確保を目的としている。現在、工事用道路の整備だけが進められており、工事の進捗(しんちょく)率は事業費ベースで約38%(15年度末見込み)。

民主党政権時代に、利賀ダムを含め全国83のダムで検証作業が始まり、これまでに47のダムが事業継続、24のダムが中止と決定されている。

2016年03月30日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


追記を閉じる▲

国土交通省北陸地方整備局はダムに代わる治水対策案4案などを提示し、石井知事と5市の市長はいずれもダム事業の継続を求めた。

治水対策の技術的な検討に時間がかかったことから、会合は前回の11年3月以来5年ぶりの開催となった。

利賀ダムは、庄川水系の利賀川に建設が計画され、治水と工業用水の確保を目的としている。現在、工事用道路の整備だけが進められており、工事の進捗(しんちょく)率は事業費ベースで約38%(15年度末見込み)。

民主党政権時代に、利賀ダムを含め全国83のダムで検証作業が始まり、これまでに47のダムが事業継続、24のダムが中止と決定されている。

2016年03月30日 Copyright c The Yomiuri Shimbun

【2016/03/31 22:41】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック