「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
            嶋津 暉之

埼玉、東京を流れる荒川の河川整備計画が3月18日付けで策定されました。

国交省関東地方整備局のHP
「荒川水系河川整備計画【大臣管理区間】」の策定について  
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/river_00000240.html

荒川水系河川整備計画 
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000306.html

整備計画本文 
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000643105.pdf

整備計画概要 
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000643106.pdf

荒川河川整備計画の主要な問題点の一つは、中流部に第二、三、四洪水調節池を造り、広い河川敷の豊かな自然を壊してしまうこと、一つは荒川下流部において両岸合わせて52kmのスーパー堤防の整備計画があるため、堤防強化対策が計画されていないことです。

前にもお伝えしたことなので、繰り返しになりますが、荒川下流部は東京の都心部を貫流しており、もし堤防の決壊が起きれば、凄まじい被害になります。地下鉄が縦横に走っているので、荒川が氾濫した場合の影響は極めて深刻です。

しかし、今回策定された河川整備計画では、荒川下流部はスーパー堤防を整備することになっているため、堤防強化対策が計画されていません。

荒川のスーパー堤防は会計検査院の報告(2012年1月)によれば、完成型になっているのは数百メートルに過ぎません。現在までの進捗速度では、1000年経っても、スーパー堤防の整備が終わることはなく、都心部が堤防決壊で壊滅的な被害を受ける危険性がずっと続くことになります。

国交省の河川行政の愚かしさを示す象徴だと思います。



【2016/03/20 01:53】 | 政策
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック