「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
              嶋津 暉之

鬼怒川水害が起きてから、半年が経ちます。被災地の現状を伝える記事です。

◆鬼怒川決壊から半年…懸命に生活再建 常総市、被災者転出で人口減
(東京新聞茨城版 2016年3月10日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201603/CK2016031002000163.html?ref=rank

 昨年九月の関東・東北水害により、常総市で鬼怒川の堤防が決壊してから十日で半年がたつ。住宅五千棟以上が全半壊した市内では、市民が生活再建を懸命に進めるが、被災者の市外への転出による人口減や、地域のコミュニティーの中心となる公民館の再建など、新たな課題にも直面している。 (増井のぞみ)

 「あそこでは、家を取り壊して、子どもの所に身を寄せている」。同市水海道橋本町区長の古矢邦夫さん(75)は、広がる更地の一角を指さした。壁が泥で汚れたままの平屋を見やり「ここは修理しないようだ」。

 市役所にほど近い水海道橋本町は、かつて商業で栄えた。市内を流れる新八間堀(はちけんぼり)川の氾濫と鬼怒川の決壊で、洪水被害を二重に受けた。水害前、四百七十四世帯が町内会にいたが、大規模半壊した家屋が多く、二月末までに四十世帯が近隣市などに転居した。

 現在、市の人口は約六万四千人で、昨年九月~今年二月に約七百五十人減った。転出が転入を上回る社会減は六百三十人に上った。市は市内の旅館やホテルに開設した避難所を今月一日に閉鎖したが、つくば市などの公的住宅に九日現在、まだ百世帯二百六十九人が仮住まいする。

 市は昨年十二月、水害で損壊した集落公民館の修繕に対する補助率を二分の一から三分の二、補助限度額を百万円から三百万円に引き上げた。古矢さんは、補助金と保険を使い、被災した水海道橋本町民会館の修繕を、来月中にも終えたい考えで、「住民が集まれる場をつくり、早く日常生活を取り戻したい」と願う。

 約千世帯が住む大生(おおの)地区の大生公民館(同市平町)は、木造平屋の天井まで浸水し、窓ガラスは流されたままだ。住民らが話し合い、移転やかさ上げも考えたが、地区の中心部にあり、お年寄りも利用しやすいことから、市が二〇一七年度に現在地で建て替えることにした。近くに住む本橋美千代さん(79)は「地区住民が料理教室やフラダンスで、よく使っていた。早くいい公民館を建ててほしい」と切望する。

 市役所本庁舎前には、水害が発生した昨年九月十日以来、ずっと給水車が止まっている。最近では、最も多いときで日に二百リットルの需要がある。鬼怒川東側の井戸水が汚染されたためで、昨年十二月の市の検査では、一般細菌や大腸菌が検出されたため、三十五検体のうち二十五が飲用に不適合とされた。

 県生活衛生課は「水質が元に戻るには数カ月から数年かかる」と説明する。市は、水道を引くよう呼び掛けるとともに、今月いっぱいで給水車を撤去し、本庁舎の玄関脇にある蛇口を利用するよう促している。

 中妻町の橋本美子(よしこ)さん(61)は一月半ばまで給水車を利用していたが、結局、百四十万円をかけて水道を引いた。橋本さんは訴える。「長い水道管を通すために五百万円もかかる住民もいて、水道を引きたくても引けない住民もいる。命に関わる問題なので、市は実態を調べてほしい」


◆水害から半年、先行き見えず 資金・地盤…自宅再建悩む 茨城・常総
(朝日新聞2016年3月10日16時30分)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12251376.html?rm=150

 関東・東北豪雨で鬼怒川の堤防が決壊して10日で半年。決壊現場の茨城県常総市三坂町上三坂地区では、流失した地盤の復旧工事が急ピッチで進む。今月末までにはほぼ終える予定だが、水害前のような街並みが戻る見通しは立っていない。

 「確かこの辺に母屋があって、その辺に小屋があったはず」。区長の渡辺操さん(70)は家があった場所を指さした。渡辺さん宅を含む8軒が流され、地盤がえぐられた場所は真新しい土で埋め立てられた。家があった場所は周囲の様子から推測するしかない。

 渡辺さんは被災後、市提供の住宅に家族6人で住む。これまで受けた公的支援は県と市からの義援金と見舞金の計71万円。全壊世帯に対する国の支援制度で100万円を受け取る予定で、家を新築すればさらに200万円が支給されるが、再建には多額の自己負担が生じる。

 整備された地盤が沈下するのでは、と不安も感じる。しばらく様子を見てから再建するかどうかを判断するつもりだ。濁流に流された渡辺さんは「命があるだけいい。慌ててもしかたがない」。

 渡辺さんのそばに住んでいた羽鳥明夫さん(62)は、隣のつくば市の県営住宅に家族3人で暮らす。元の場所に家を建て直したいが、年齢を考えると金融機関から借りることに抵抗を感じる。被災者向け県営住宅への入居は2年間と限られている。「義援金や補償金が入るめどもない。先行きが見えないのがつらい」と話す。

 約60メートルにわたって地盤が流失した県道は2月上旬に全面開通した。だが、水害後に閉店していた県道沿いのガソリンスタンドは県道開通後に取り壊された。経営する男性(78)は「この辺は家は6割ぐらいまで減ると思う。今後のことはまだ決められない」。

 すぐ近くでは鬼怒川の本堤防建設の工事が進む。決壊前よりも最大で1・4メートル高く、幅は6メートルに広がり、5月末までにほぼ完成する予定だ。市によると、9日時点で県営住宅や市の借り上げ住宅で100世帯、269人が避難生活を続けている。
(五十嵐透)


追記を閉じる▲

 約千世帯が住む大生(おおの)地区の大生公民館(同市平町)は、木造平屋の天井まで浸水し、窓ガラスは流されたままだ。住民らが話し合い、移転やかさ上げも考えたが、地区の中心部にあり、お年寄りも利用しやすいことから、市が二〇一七年度に現在地で建て替えることにした。近くに住む本橋美千代さん(79)は「地区住民が料理教室やフラダンスで、よく使っていた。早くいい公民館を建ててほしい」と切望する。

 市役所本庁舎前には、水害が発生した昨年九月十日以来、ずっと給水車が止まっている。最近では、最も多いときで日に二百リットルの需要がある。鬼怒川東側の井戸水が汚染されたためで、昨年十二月の市の検査では、一般細菌や大腸菌が検出されたため、三十五検体のうち二十五が飲用に不適合とされた。

 県生活衛生課は「水質が元に戻るには数カ月から数年かかる」と説明する。市は、水道を引くよう呼び掛けるとともに、今月いっぱいで給水車を撤去し、本庁舎の玄関脇にある蛇口を利用するよう促している。

 中妻町の橋本美子(よしこ)さん(61)は一月半ばまで給水車を利用していたが、結局、百四十万円をかけて水道を引いた。橋本さんは訴える。「長い水道管を通すために五百万円もかかる住民もいて、水道を引きたくても引けない住民もいる。命に関わる問題なので、市は実態を調べてほしい」


◆水害から半年、先行き見えず 資金・地盤…自宅再建悩む 茨城・常総
(朝日新聞2016年3月10日16時30分)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12251376.html?rm=150

 関東・東北豪雨で鬼怒川の堤防が決壊して10日で半年。決壊現場の茨城県常総市三坂町上三坂地区では、流失した地盤の復旧工事が急ピッチで進む。今月末までにはほぼ終える予定だが、水害前のような街並みが戻る見通しは立っていない。

 「確かこの辺に母屋があって、その辺に小屋があったはず」。区長の渡辺操さん(70)は家があった場所を指さした。渡辺さん宅を含む8軒が流され、地盤がえぐられた場所は真新しい土で埋め立てられた。家があった場所は周囲の様子から推測するしかない。

 渡辺さんは被災後、市提供の住宅に家族6人で住む。これまで受けた公的支援は県と市からの義援金と見舞金の計71万円。全壊世帯に対する国の支援制度で100万円を受け取る予定で、家を新築すればさらに200万円が支給されるが、再建には多額の自己負担が生じる。

 整備された地盤が沈下するのでは、と不安も感じる。しばらく様子を見てから再建するかどうかを判断するつもりだ。濁流に流された渡辺さんは「命があるだけいい。慌ててもしかたがない」。

 渡辺さんのそばに住んでいた羽鳥明夫さん(62)は、隣のつくば市の県営住宅に家族3人で暮らす。元の場所に家を建て直したいが、年齢を考えると金融機関から借りることに抵抗を感じる。被災者向け県営住宅への入居は2年間と限られている。「義援金や補償金が入るめどもない。先行きが見えないのがつらい」と話す。

 約60メートルにわたって地盤が流失した県道は2月上旬に全面開通した。だが、水害後に閉店していた県道沿いのガソリンスタンドは県道開通後に取り壊された。経営する男性(78)は「この辺は家は6割ぐらいまで減ると思う。今後のことはまだ決められない」。

 すぐ近くでは鬼怒川の本堤防建設の工事が進む。決壊前よりも最大で1・4メートル高く、幅は6メートルに広がり、5月末までにほぼ完成する予定だ。市によると、9日時点で県営住宅や市の借り上げ住宅で100世帯、269人が避難生活を続けている。
(五十嵐透)

【2016/03/12 02:55】 | 鬼怒川水害
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック