「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

国交省が下記のとおり、第9回「水資源分野における気候変動への適応策のあり方検討会」を開きます。
渇水の初期から徐々に深刻化していく状況とそれに応じた影響・被害の想定や、渇水による被害を軽減するための対策等を定める「渇水対応タイムライン」のあり方について検討するとのことです。
検討の意味がどこまであるのか、よくわからないテーマですが、会議の開催案内をお伝えしておきます。

国交省HP  
http://www.mlit.go.jp/report/press/water02_hh_000072.html

水資源分野における気候変動への適応策のあり方検討会(第9回)を開催~渇水による被害の軽減に向けて~

平成28年3月9日
国土交通省では3月11日に、第9回「水資源分野における気候変動への適応策のあり方検討会」を開催し、渇水による被害を軽減するため、渇水対応タイムラインのあり方について検討を行います。

国土交通省では、平成24年度に「水資源分野における気候変動への適応策のあり方検討会」を設置しています。第9回となる今回は、関係者が連携して、渇水の初期から徐々に深刻化していく状況とそれに応じた影響・被害の想定や、渇水による被害を軽減するための対策等を定める「渇水対応タイムライン」のあり方について、委員の皆様にご検討いただきます。

1.日時

平成28年3月11日(金)10:00~12:00

2.場所

虎ノ門SQUARE - スタンダード会議室 4階会議室
(東京都港区虎ノ門1-15-10 名和ビル4階)

3.議題

1.渇水対応タイムラインの作成の方向性等について
2.気候変動モデルの活用について

4.備考  ※管理人の更新が遅くなり申し訳ありません

・会議は公開にて行います。
・会議の傍聴を希望される場合は、3月10日(木)14:00までに、件名を「水資源分野における気候変動への適応策のあり方検討会傍聴希望」とし、氏名(ふりがな)、所属、連絡先(メールアドレス、電話番号)を明記した電子メールを、次のメールアドレス宛にお送りください。
g_LAW_SSG_SKE@mlit.go.jp
・事前申し込みが無い場合、傍聴をお断りする場合があります。
・会議室の収容人数を超える場合は、申し込み先着順といたします。 なお、1社(団体)につき1名までとさせていただきます。
・会議の撮影は、冒頭挨拶まで(議事開始前まで)といたします。

添付資料   ※リンク先をご覧ください
報道発表資料(PDF形式:120KBKB)

国土交通省水管理・国土保全局 水資源計画課 総合水資源管理戦略室 水循環推進調整官
正木 TEL:03-5253-8111 (内線31233)

国土交通省水管理・国土保全局 水資源計画課 総合水資源管理戦略室
調査係長 北畠 TEL:03-5253-8111 (内線31234)


追記を閉じる▲

4.備考  ※管理人の更新が遅くなり申し訳ありません

・会議は公開にて行います。
・会議の傍聴を希望される場合は、3月10日(木)14:00までに、件名を「水資源分野における気候変動への適応策のあり方検討会傍聴希望」とし、氏名(ふりがな)、所属、連絡先(メールアドレス、電話番号)を明記した電子メールを、次のメールアドレス宛にお送りください。
g_LAW_SSG_SKE@mlit.go.jp
・事前申し込みが無い場合、傍聴をお断りする場合があります。
・会議室の収容人数を超える場合は、申し込み先着順といたします。 なお、1社(団体)につき1名までとさせていただきます。
・会議の撮影は、冒頭挨拶まで(議事開始前まで)といたします。

添付資料   ※リンク先をご覧ください
報道発表資料(PDF形式:120KBKB)

国土交通省水管理・国土保全局 水資源計画課 総合水資源管理戦略室 水循環推進調整官
正木 TEL:03-5253-8111 (内線31233)

国土交通省水管理・国土保全局 水資源計画課 総合水資源管理戦略室
調査係長 北畠 TEL:03-5253-8111 (内線31234)

【2016/03/11 00:48】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック