「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

昨日開かれた第4回 鬼怒川堤防調査委員会の配布資料が関東地方整備局のHPに掲載されました。

【資料3】 委員会報告書(案)は75ページにおよぶ資料です。

その4-3ページに決壊地点の復旧工法横断模式図が示されていますが、この工法は前にも指摘しましたように、越水すれば破堤の危険性を含むものです。

◇八ッ場あしたの会のHP「国交省による鬼怒川改修計画の問題点」
http://is.gd/nhS568

第4回 鬼怒川堤防調査委員会(平成28年3月7日) 
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/bousai/index00000039.html

配布資料 
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/bousai/river_bousai00000112.html

第4回 鬼怒川堤防調査委員会(平成28年3月7日)

1.議事次第[PDF:95KB]
2.名簿[PDF:97KB]
3.座席表[PDF:106KB]
4.規約[PDF:158KB]
5.第4回鬼怒川堤防調査委員会 資料

【資料1】 決壊区間の現地確認状況報告[PDF:6432KB]

【資料2】 堤防における漏水発生箇所の詳細調査報告[PDF:9557KB]

【資料3】 委員会報告書(案)[PDF:13864KB]
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000642510.pdf

議事要旨 
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000642503.pdf

【2016/03/08 04:47】 | 政策
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック