「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

国土交通省関東地方整備局は2月26日に鬼怒川河川整備計画を策定しました。

関東地方整備局のHP 「利根川水系鬼怒川河川整備計画【大臣管理区間】」の策定について 
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/river_00000237.html
 
利根川水系鬼怒川河川整備計画 
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000641689.pdf

利根川水系鬼怒川河川整備計画の概要 
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000641691.pdf

をご覧ください。

昨年12月21日に鬼怒川河川整備計画(原案)が発表され、それに対して今年の1月19日まで意見募集が行われ、1月17日に公聴会が開かれましたが、意見が反映されることはなく、「原案」がほぼそのまま、計画「案」となり、そのあと、栃木県と茨城県の意見を聴いて計画策定となりました。前例のない急ピッチの策定であると思います。

鬼怒川水害を引き起こした国交省の河川行政の誤り、不手際の責任が問われぬまま、河川整備計画が策定されました。

【2016/03/01 00:42】 | 政策
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック