「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                 嶋津 暉之

埼玉、東京を流れる荒川の河川整備計画の案が2月15日に公表されました。
あとは埼玉県、東京都の意見を聴いて、計画の策定になります。

関東地方整備局のHP
「荒川水系河川整備計画(案)」の公表について 
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/river_00000236.html 

昨年12月に原案について意見募集が行われ、公聴会が開かれて、原案の問題点を指摘する意見が出されましたが、相も変わらず、何も変わりませんでした。

荒川水系河川整備計画(案)
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000640971.pdf

「荒川水系河川整備計画(原案)」について学識経験を有する者、
関係住民等、関係都県からいただいたご意見に対する関東地方整備局の考え方 

http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000305.html

3.「荒川水系河川整備計画(原案)」について関係する住民からいただいたご意見
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000640975.pdf 
(ちなみに4番目が私の意見)

4.「荒川水系河川整備計画(原案)」について関係住民からいただいたご意見(公聴会結果)
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000278.html 
(ちなみに荒川下流河川事務所の公述人2が私です)

荒川河川整備計画原案の主要な問題点の一つは、中流部に第二、三、四洪水調節池を造ること、一つは荒川下流部で両岸合わせて52kmのスーパー堤防が計画されていることです。
前にもお伝えしたように、荒川下流部は東京の都心部を貫流しており、もし堤防の決壊が起きれば、凄まじい被害になります。地下鉄が縦横に走っているので、荒川が氾濫した場合の影響は極めて深刻です。
ところが、河川整備計画案では、荒川下流部はスーパー堤防を整備することになっているため、堤防強化対策がありません。

荒川のスーパー堤防の整備距離は延べ52kmにもなり、現在までの進捗状況を見ると、何百年経っても、スーパー堤防の整備が終わることはなく、都心部が堤防決壊で壊滅的な被害を受ける危険性がずっと続くことになります。
国交省の河川行政の愚かしさを示す象徴だと思います。


【2016/02/18 00:51】 | スーパー堤防
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック