「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
            嶋津 暉之

既報のとおり、2月8日に開かれた淀川水系・大戸川ダムの検証に関する関係自治体の検討会議で、近畿地方整備局は大戸川ダム事業推進の姿勢を明確にしました。
続いて、近畿地方整備局は大戸川ダム検証検討報告書(素案)の意見募集(パブリックコメント)と公述人募集を発表しました。

◇「大戸川ダム建設事業の検証に係る検討報告書(素案)」に対するご意見をお聴かせ下さい
(近畿地方整備局のHP)
http://www.kkr.mlit.go.jp/scripts/cms/river/infoset1/data/pdf/info_2/20160212_02.pdf

意見募集期間は2 月15 日(月)~3 月14 日(月)(17:00 必着) です。

検討報告書の素案は、以下のページに掲載されています。 
http://www.kkr.mlit.go.jp/river/kensyou/daido-houkokusyosoan160215.html

素案
http://www.kkr.mlit.go.jp/river/kensyou/pdf/daido/houkokusyo_soan/daido_houkokusyo_soan.pdf

素案の骨子
http://www.kkr.mlit.go.jp/river/kensyou/pdf/daido/houkokusyo_soan/daido_houkokusyo_soan_kossi.pdf

近畿地方整備局は大戸川ダムについて事業推進の検証結果を得るための動きを早めています。
かつては嘉田由紀子滋賀県知事が大戸川ダム推進の動きを封じていましたが、後任の三日月大造知事はどうなのでしょうか?
反対の声をどんどん上げていくことがやはり必要ですので、皆様も意見の提出をご検討ください。
なお、前にお知らせしたように、昨年11~12月に行われた前回のパブリックコメント「治水について概略評価による対策案」に対して出された意見が下記に掲載されていて、その中で、今本博健京大名誉教授のご意見(10番目)が特に参考になりますので、是非、お読みください。
http://www.kkr.mlit.go.jp/river/kensyou/pdf/daido/siryou/160208_daido_sankousiryou04.pdf 

【2016/02/14 16:31】 | 未分類
トラックバック(0) |


えはらっちょ
こないだの説明会では反対派からの意見はなかったと報じられていますが、なぜ反対派は意見しなかったのでしょうか?
私は他県におりますが、しばしばこの周辺を走っています。本当に素晴らしい自然です。この自然を埋没させるのが理解できません。
治水は命に関わる問題ではありますが、偉い学者先生複数が不要とされるのならば、よくよく考えて整備してほしい。
国は建設するのを前提にしているとしか思えません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こないだの説明会では反対派からの意見はなかったと報じられていますが、なぜ反対派は意見しなかったのでしょうか?
私は他県におりますが、しばしばこの周辺を走っています。本当に素晴らしい自然です。この自然を埋没させるのが理解できません。
治水は命に関わる問題ではありますが、偉い学者先生複数が不要とされるのならば、よくよく考えて整備してほしい。
国は建設するのを前提にしているとしか思えません。
2016/02/29(Mon) 07:18 | URL  | えはらっちょ #iHsPI8ow[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック