「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
               嶋津 暉之

2月6日の思川開発問題の市民集会「思川開発事業(南摩ダム)と県南市町 ~マズくて高い水はごめんだ~」には約130名の方が参加しました。
茨城や群馬等の遠方から参加された皆様、大変お疲れさまでした。
国会議員、栃木県議、埼玉県議の参加もありました。

無意味な思川開発をストップさせるための方策についても活発な議論が行われ、充実した集会であったと思います。

2010年から始められたダム検証の結果が出ていないダムについて、推進の検証結果を出すべく、国交省は動きを早めています。
思川開発、城原川ダム、大戸川ダム等々です。

思川開発については検証作業が3年半ストップしていましたが、昨年11月、12月と、「関係地方公共団体からなる検討の場」が開かれ、事業推進の動きが早まってきました。
この推進の動きに対抗して、運動を盛り上げていきたいと思います。

昨日の集会の講演、報告で使われたスライドの一部を水源連のHPに掲載しましたので、お知らせします。

水源開発問題全国連絡会HPでご覧いただければと思います。 
http://suigenren.jp/news/2016/02/07/8193/ 

【2016/02/08 01:46】 | 学習会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック