「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

昨年9月に原案について意見募集を行っていた「那珂川水系河川整備計画」が策定されました。
11月に案が公表され、その後、茨城県、栃木県の知事の意見を聴いて策定されました。
百害あって一利なしの霞ケ浦導水事業が位置付けられています。
私たちは「霞ケ浦導水事業を中止せよ」という意見を出しましが、何も変わりませんでした。

那珂川、利根川等の自然、漁業に大きなダメージを与える霞ケ浦導水事業は何としても中止させなければなりません。
那珂川水系の漁協と一緒に、霞ケ浦導水事業の中止に向けて頑張っていきたいと思います。

◇関東地方整備局  
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/river_00000229.html

平成28年 01月29日

「那珂川水系河川整備計画【大臣管理区間】」の策定について

国土交通省 関東地方整備局
河川部
常陸河川国道事務所

 国土交通省関東地方整備局では、「那珂川水系河川整備計画」の策定に向けて検討を進めてきました。
 このたび、「那珂川水系河川整備計画【大臣管理区間】」を平成28年1月29日に策定しましたので、お知らせします。

 「那珂川水系河川整備計画【大臣管理区間】」(本文資料(PDF)別添)は、
   関東地方整備局ホームページに掲載しています。
 また、「那珂川水系河川整備計画(案)」について、河川法第16条の2の第5項に基づき、
   関係県知事のご意見をお聴きしており、
   これについても、あわせて関東地方整備局ホームページにお示ししています。

 ◆国土交通省関東地方整備局ホームページ http://www.ktr.mlit.go.jp/
  →河川→社会資本整備→河川整備基本方針、整備計画→那珂川水系河川整備計画
  →「那珂川水系河川整備計画【大臣管理区間】」
   http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000293.html

【2016/01/30 21:40】 | 政策
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック