「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
             嶋津 暉之

思川開発問題の市民集会「思川開発事業(南摩ダム)と県南市町 ~マズくて高い水はごめんだ~」が 2月6日(土) 午後1時30分~4時30分(開場:午後1時)、栃木市栃木文 化会館 小ホールで開かれます。
※クリックで拡大して見られます
0206.jpg

昨年11月9日に「思川開発事業の関係地方公共団体からなる検討の場」が開かれ、検証作業が3年半ストップしていた思川開発も事業推進の動きが出てきました。

思川開発(南摩ダム)は総貯水容量5100万㎥で、目的は、洪水調節、栃木県等の水道用水の開発、渇水時の補給です。このうち、洪水調節は思川・乙女地点の洪水目標流量3760㎥/秒を3700㎥/秒へ、わずか60㎥/秒下げるだけのものですから、微々たるものです。

利水目的もその必要性は失われています。

これから、現実性のない代替案と比較して、思川開発が有利だとする茶番劇の検証が行われていくことになりますが、何とかして、無意味な思川開発をストップさせたいものです。

「思川開発事業(南摩ダム)と県南市町」
~マズくて高い水はごめんだ~


日時 2016年2月6日(土) 午後1時30分~4時30分(開場:午後1時)
会場 栃木市栃木文化会館 小ホール(栃木市旭町12-16)
内容 基調講演「思川開発は本当に必要なのか、その虚構を解明する」
   (講師:嶋津暉之氏・水問題研究家)
報告 「南摩ダム予定地の環境」(高松健比古・栃木県自然保護団体連絡協議会代表)
  「思川開発事業をめぐる裁判の経過」(大木一俊・弁護士)
   「思川開発事業が県南市町の水道に与える影響」(早乙女正次・元栃木県職員)
   「南摩ダム予定地の鹿沼市の現状」(高橋比呂志・思川開発事業を考える流域の会事務局長)
   「栃木市議会での思川開発事業に関する発言」(内海成和・元栃木市議会議員)


【2016/01/27 03:11】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック