「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                嶋津 暉之

国の事業認定取り消しを求める訴訟を起こした石木ダム反対派住民らの弁護団は12月25日、事業認定の執行停止を求める申立書を送付しました。

◆石木ダム反対派 執行停止申立書を地裁へ送付
(読売新聞長崎版2015年12月26日)
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagasaki/news/20151225-OYTNT50087.html?from=yartcl_popin

県と佐世保市が川棚町に計画する石木ダム建設事業を巡り、国の事業認定取り消しを求める訴訟を起こした反対派住民らの弁護団は25日、新たに事業認定の執行停止を求める申立書を長崎地裁に送付した。

弁護団によると、執行停止の申立人は24人。
事業を巡っては、地権者ら110人が11月、国の事業認定取り消しを求めて同地裁に提訴している。
これに加えて、判決確定まで土地の収用や工事が進むのを防ぐため、執行停止を申し立てることにした。

 弁護団は申し立ての理由について、「事業の進行によって人の生きる尊厳を奪われ、回復することができない損害を被るため」としている。

◆執行停止求めて地権者が申立書
(2015.12.26 朝日新聞)
1226.jpg
◆禍根残さぬ選択肢を
(2015.12.28 朝日新聞)
1228.jpg

◆混迷の果て法廷へ
(2015.12.28 長崎新聞)
1228-2.jpg

◆土地奪われる切迫感
(2015.12.28 毎日新聞)
1228-3.jpg


追記を閉じる▲
◆禍根残さぬ選択肢を
(2015.12.28 朝日新聞)
1228.jpg

◆混迷の果て法廷へ
(2015.12.28 長崎新聞)
1228-2.jpg

◆土地奪われる切迫感
(2015.12.28 毎日新聞)
1228-3.jpg

【2015/12/29 03:18】 | 石木ダム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック