「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
石木川まもり隊のブログに詳しく載っています。
 ↓
◇公開が原則の収用委員会にバリケード?
- 石木川まもり隊 - http://is.gd/64s8ku

◇地権者に傍聴認めず・・今日の新聞
- 石木川まもり隊 - http://is.gd/YEa9rt

◆長崎)地権者の傍聴認めず 石木ダム県収用委の審理
(朝日新聞長崎版 2015年11月19日)
http://www.asahi.com/articles/ASHCL3HH1HCLTOLB001.html
朝日 石木ダム収用委員会審理 (記事一部)

 県などが建設を計画する石木ダム(川棚町)の用地の収用に向け、県収用委員会が18日、補償額などを決める審理を長崎市で開いた。審理は原則公開だが、収用委は報道関係者以外の傍聴を認めず、反対地権者らは抗議した。

 この日の審理の対象は、県が7月に裁決申請した約3万平方メートルのうち、農地や山林約3500平方メートルなど。県が、地権者ら3人に対する補償額を計約2300万円と算定した裁決申請の内容などについて説明した。意見聴取のため審理に招かれていた地権者ら3人は、傍聴が制限されたことなどに抗議し、欠席した。

 10月に予定されていた審理が地権者らの抗議活動で見送られたことから、収用委は報道関係者以外の傍聴を認めなかった。会場の入り口では、地権者らが「公正中立でない収用委は解散しろ」などと声を上げて県職員とにらみ合い、一時騒然とした。

 審理対象となったスギ林を所有する川原義人さん(75)は「自分たち以外の地権者を中に入れないなんて、話にならない」とあきれた様子だった。

 県収用委の戸田久嗣会長は取材に「地権者のみなさんがふるさとを守りたい気持ちは理解できるのでつらいが、審理は進めないといけない」と語った。(小野太郎)


◆石木ダム 地権者欠席で県収用委開催 
(読売新聞長崎版 2015年11月19日)
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagasaki/news/20151118-OYTNT50113.html

 県と佐世保市が川棚町で計画する石木ダム建設を巡り、県収用委員会は18日、県と市が裁決申請している家屋4棟を含む土地約3万平方メートルのうち、水田と山林の計3442平方メートルについて県から損失補償額などを聞いた。

地権者側とは出席者の選定で折り合いがつかず、欠席のまま審理した。 県などによると、水田(2353平方メートル)と山林(1089平方メートル)の所有者はいずれも1人。

県河川課は損失補償額について水田は約2118万円、山林は約205万円、明け渡し日についてはどちらも裁決日から60日以内とした。

 審理の開始前には、反対派約40人が傍聴を求めて会場に集まったが、傍聴は報道陣だけが認められた。このため、反対派は「収用委員会は無効だ」などと訴え、会場周辺は混乱した。

 終了後、収用委の戸田久嗣会長は「地権者が出席して審理ができなかったことは残念」とし、来年1月に改めて地権者側から意見を聞く考えを示した。

 今回、妻所有の土地が対象となっている川原義人さん(75)は「(自分たちを審理に入れないから)こうした事態になった。収用委員を代えなければならない」と憤っていた。


追記を閉じる▲

 県収用委の戸田久嗣会長は取材に「地権者のみなさんがふるさとを守りたい気持ちは理解できるのでつらいが、審理は進めないといけない」と語った。(小野太郎)


◆石木ダム 地権者欠席で県収用委開催 
(読売新聞長崎版 2015年11月19日)
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagasaki/news/20151118-OYTNT50113.html

 県と佐世保市が川棚町で計画する石木ダム建設を巡り、県収用委員会は18日、県と市が裁決申請している家屋4棟を含む土地約3万平方メートルのうち、水田と山林の計3442平方メートルについて県から損失補償額などを聞いた。

地権者側とは出席者の選定で折り合いがつかず、欠席のまま審理した。 県などによると、水田(2353平方メートル)と山林(1089平方メートル)の所有者はいずれも1人。

県河川課は損失補償額について水田は約2118万円、山林は約205万円、明け渡し日についてはどちらも裁決日から60日以内とした。

 審理の開始前には、反対派約40人が傍聴を求めて会場に集まったが、傍聴は報道陣だけが認められた。このため、反対派は「収用委員会は無効だ」などと訴え、会場周辺は混乱した。

 終了後、収用委の戸田久嗣会長は「地権者が出席して審理ができなかったことは残念」とし、来年1月に改めて地権者側から意見を聞く考えを示した。

 今回、妻所有の土地が対象となっている川原義人さん(75)は「(自分たちを審理に入れないから)こうした事態になった。収用委員を代えなければならない」と憤っていた。

【2015/11/19 22:15】 | 石木ダム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック