「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                嶋津 暉之

有害鉄鋼スラグ問題について、大同特殊鋼の城下町である渋川市も市民に行政訴訟を起こされて、大同特殊鋼に対策費を請求することになったという記事です。
八ッ場ダムの代替地等における 有害鉄鋼スラグの使用実態を明らかにしていかなければなりません。

◆鉄鋼スラグ問題:大同特殊鋼に対策費を請求へ 渋川市が方針転換 /群馬
(毎日新聞群馬版 2015年10月27日)
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20151027ddlk10040024000c.html

大同特殊鋼渋川工場から有害物質を含む鉄鋼スラグが排出された問題で、渋川市は市発注工事に使われたスラグの対策費を大同側に請求する方針を固めた。

阿久津貞司市長は毎日新聞の取材に「市民感情を考えれば応分の負担を求めざるを得ない」と説明した。
県によると、渋川市が施工した工事の72カ所でスラグ使用が確認されており、フッ素などが環境基準を超えたのは49カ所。国、県、市による連絡会議は11月にも第3回会合を開き、今後の方針を議論する。

スラグの処理方法としては撤去のほか、盛り土やアスファルトで覆う方法が想定されている。

渋川市では約2年前に問題が表面化。公共施設の駐車場や公園でもスラグ使用が判明し、立ち入りが規制された。スラグがむき出しの現場も30カ所以上あり、健康への悪影響が懸念されてきた。

市議会は今年6月、措置計画の早期策定を市に求める決議を賛成多数で可決。市の担当者は「国や県との連絡会議で示された対応を取る」と繰り返したが、国土交通省は4月、大同に対策費用を全額負担させる方針を明らかにしている。

国交省は既に八ッ場ダムの移転代替地や国道17号の一部でスラグ撤去に着手。前橋市も大同に撤去費用を出すよう求め、協議を重ねている。

渋川市は問題発覚直後に「大同側に対策費を請求しない」との方針を表明して市民に行政訴訟を起こされ、大同側が任意で撤去費用を市に支払ったこともあった。

県警は9月、廃棄物処理法違反容疑で大同特殊鋼の本社や工場を家宅捜索し、強制捜査に乗り出している。県がスラグを「廃棄物」とみなし刑事告発したことで、渋川市は方針転換を余儀なくされた形だ。【高橋努、尾崎修二】


追記を閉じる▲
県によると、渋川市が施工した工事の72カ所でスラグ使用が確認されており、フッ素などが環境基準を超えたのは49カ所。国、県、市による連絡会議は11月にも第3回会合を開き、今後の方針を議論する。

スラグの処理方法としては撤去のほか、盛り土やアスファルトで覆う方法が想定されている。

渋川市では約2年前に問題が表面化。公共施設の駐車場や公園でもスラグ使用が判明し、立ち入りが規制された。スラグがむき出しの現場も30カ所以上あり、健康への悪影響が懸念されてきた。

市議会は今年6月、措置計画の早期策定を市に求める決議を賛成多数で可決。市の担当者は「国や県との連絡会議で示された対応を取る」と繰り返したが、国土交通省は4月、大同に対策費用を全額負担させる方針を明らかにしている。

国交省は既に八ッ場ダムの移転代替地や国道17号の一部でスラグ撤去に着手。前橋市も大同に撤去費用を出すよう求め、協議を重ねている。

渋川市は問題発覚直後に「大同側に対策費を請求しない」との方針を表明して市民に行政訴訟を起こされ、大同側が任意で撤去費用を市に支払ったこともあった。

県警は9月、廃棄物処理法違反容疑で大同特殊鋼の本社や工場を家宅捜索し、強制捜査に乗り出している。県がスラグを「廃棄物」とみなし刑事告発したことで、渋川市は方針転換を余儀なくされた形だ。【高橋努、尾崎修二】

【2015/10/30 03:03】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック