「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                  嶋津 暉之

利根川水系霞ケ浦河川整備計画原案に対する意見募集の実施及び公聴会の開催が関東地方整備局のHPに掲載されましたので、お知らせします。

意見募集の期間は10月6日(火)~平成27年11月4日(水)です。
公述人は茨城県、千葉県在住の人に限られます。

公述人の募集期間は10月6日(火)~平成27年10月20日(火)で、公聴会の開催日時及び開催会場は、11月1日(日)、11月4日(水)の2日間、会場は茨城県霞ヶ浦環境科学センターと川の駅「水の郷さわら」です。

詳しくは下記のURLでご覧ください。
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/index00000034.html 

このようなパブリックコメントや公聴会は通過儀礼として行われており、虚しいところがありますが、それでも計画の問題点は指摘しておくことは必要だと思います。

利根川水系霞ヶ浦河川整備計画の最大な問題は、有害無益な霞ケ浦導水事業を霞ケ浦の水質改善対策として位置付け、同事業に法的な裏付けを与えようとしていることにあります。  
その問題点を是非、指摘していただければと思います。


◇「利根川水系霞ヶ浦河川整備計画(原案)」に対する意見募集の実施及び公聴会の開催について
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/river_00000187.html

関東地方整備局 河川部 霞ヶ浦河川事務所

 国土交通省関東地方整備局では、「利根川水系霞ヶ浦河川整備計画」の策定に向けて本格的に検討を進めているところです。
 このたび、「利根川水系霞ヶ浦河川整備計画(原案)」を作成し、関係する住民の皆様から広くご意見を募集するとともに、茨城県、千葉県に在住する関係住民の皆様からご意見をお聴きする公聴会を開催することとしましたのでお知らせします。

 「利根川水系霞ヶ浦河川整備計画(原案)」は、関東地方整備局ホームページに掲載しています。
 また、利根川水系霞ヶ浦河川整備計画のこれまでの取り組み状況についても、あわせて関東地方整備局ホームページにお示ししています。

 関東地方整備局ホームページ/利根川水系霞ヶ浦河川整備計画
  http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/index00000034.html

○意見募集の実施について
 本文資料(PDF)別添1「『利根川水系霞ヶ浦河川整備計画(原案)』に対する意見募集について」を参照 
 http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000633351.pdf 

○公聴会の開催について
 本文資料(PDF)別添2「『利根川水系霞ヶ浦河川整備計画(原案)』に対する公聴会の開催について」を参照  
 http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000633351.pdf 

【2015/10/07 01:53】 | 政策
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック