「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
               嶋津 暉之

昨日、国交省関東地方整備局で第2回鬼怒川堤防調査委員会が開かれました。
その会議の配布資料が関東地方整備局のHPに掲載されていますので、ご覧ください。

昨日の委員会についてNHKのニュースと産経の記事です。
破堤の原因は越水だけではなく、パイピング現象もあったというのが委員会の結論のようです。

◇第2回 鬼怒川堤防調査委員会(平成27年10月5日)の配布資料 
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/bousai/river_bousai00000101.html

※以下リンク先でご覧ください
1.議事次第[PDF:89KB]
2.名簿[PDF:99KB]
3.座席表[PDF:104KB]
4.第2回鬼怒川堤防調査委員会 資料[PDF:13588KB]
5.記者発表資料『第1回鬼怒川堤防調査委員会に関する補足資料』[PDF:200KB]

◇第2回鬼怒川堤防調査委員会 資料
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000633270.pdf


◆鬼怒川の堤防決壊 越水に加え浸透も影響か
(NHK2015年10月5日 15時19分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151005/k10010259161000.html

先月、茨城県常総市の鬼怒川で発生した堤防の決壊の原因について、専門家で作る国の調査委員会は、川からあふれ出した水で堤防の下側の斜面が削られ続けたことが決壊の主な原因と考えられるうえ、川の水が堤防の中にしみ込んだことも影響した可能性があると結論づけました。
5日にさいたま市で開かれた委員会の会合には水害の専門家などが出席し、先月の「関東・東北豪雨」で鬼怒川の堤防が決壊した原因について検討しました。
これまでの調査で常総市の堤防の決壊現場は、周囲よりも高さが30センチから1メートル余り低く、川からあふれ出した水によって堤防の下側の斜面が削られたとみられる痕跡が見つかっています。
5日の会合では、現地の河川事務所の職員から新たに聞き取りを行った結果、現場付近では決壊の2時間近く前から水があふれ続けていたことが報告されました。
委員会では、現場で撮影された写真や決壊後に行われた地質調査などと合わせ、「川からあふれ続けた水で堤防の下の斜面が削られ、小規模な崩壊が連続して発生したことが決壊の主な原因と考えられる」と結論づけました。そのうえで、決壊場所の上流と下流で堤防の内部や下を伝わって川の水が漏れ出して出来たとみられる、砂が噴き出した跡が確認されたことなどから、「水が堤防の中にしみ込んだことも、決壊に影響した可能性がある」と指摘しました。
会合の委員長を務める東京電機大学の安田進教授は「これまでの調査で決壊に至る状況やメカニズムが分かってきた。今後はこれらを踏まえて川の水でえぐられた地盤の対策などと合わせて、復旧に必要な工法を検討していきたい」と話しています。


◆「パイピング破壊」が一因 鬼怒川堤防決壊で整備局
(産経新聞 2015.10.5 14:24更新)
http://www.sankei.com/affairs/news/151005/afr1510050012-n1.html

 関東・東北豪雨の影響で、茨城県常総市の鬼怒川の堤防が決壊した原因を究明する国土交通省関東地方整備局の調査委員会が5日、さいたま市内で2回目の会合を開き、堤防から水があふれる「越水」に加え、水が地盤に浸透して堤防が落ち込む「パイピング破壊」が決壊を助長したとの結果をまとめた。

 調査委は工学や土木の専門家らで構成。前回の初会合では越水が原因の一つとの見方が示されていた。あふれた水は高さ約4メートルの堤防を20センチ越えたと推定される。

 パイピング破壊は、地盤内にパイプ状の「水みち」ができ、土砂の流出が続いて水みちが拡大し、堤防が崩れる現象。次回の会合では決壊原因を踏まえ、堤防再建の工法を検討する。

 鬼怒川の堤防は9月10日、幅約200メートルにわたって流された。応急復旧工事で仮堤防が設置され、鋼製の矢板で囲んで水の流入を防いでいる。



追記を閉じる▲
これまでの調査で常総市の堤防の決壊現場は、周囲よりも高さが30センチから1メートル余り低く、川からあふれ出した水によって堤防の下側の斜面が削られたとみられる痕跡が見つかっています。
5日の会合では、現地の河川事務所の職員から新たに聞き取りを行った結果、現場付近では決壊の2時間近く前から水があふれ続けていたことが報告されました。
委員会では、現場で撮影された写真や決壊後に行われた地質調査などと合わせ、「川からあふれ続けた水で堤防の下の斜面が削られ、小規模な崩壊が連続して発生したことが決壊の主な原因と考えられる」と結論づけました。そのうえで、決壊場所の上流と下流で堤防の内部や下を伝わって川の水が漏れ出して出来たとみられる、砂が噴き出した跡が確認されたことなどから、「水が堤防の中にしみ込んだことも、決壊に影響した可能性がある」と指摘しました。
会合の委員長を務める東京電機大学の安田進教授は「これまでの調査で決壊に至る状況やメカニズムが分かってきた。今後はこれらを踏まえて川の水でえぐられた地盤の対策などと合わせて、復旧に必要な工法を検討していきたい」と話しています。


◆「パイピング破壊」が一因 鬼怒川堤防決壊で整備局
(産経新聞 2015.10.5 14:24更新)
http://www.sankei.com/affairs/news/151005/afr1510050012-n1.html

 関東・東北豪雨の影響で、茨城県常総市の鬼怒川の堤防が決壊した原因を究明する国土交通省関東地方整備局の調査委員会が5日、さいたま市内で2回目の会合を開き、堤防から水があふれる「越水」に加え、水が地盤に浸透して堤防が落ち込む「パイピング破壊」が決壊を助長したとの結果をまとめた。

 調査委は工学や土木の専門家らで構成。前回の初会合では越水が原因の一つとの見方が示されていた。あふれた水は高さ約4メートルの堤防を20センチ越えたと推定される。

 パイピング破壊は、地盤内にパイプ状の「水みち」ができ、土砂の流出が続いて水みちが拡大し、堤防が崩れる現象。次回の会合では決壊原因を踏まえ、堤防再建の工法を検討する。

 鬼怒川の堤防は9月10日、幅約200メートルにわたって流された。応急復旧工事で仮堤防が設置され、鋼製の矢板で囲んで水の流入を防いでいる。


【2015/10/06 01:43】 | 震災
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック