「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                  嶋津 暉之

今回の鬼怒川堤防決壊について常総市役所の避難指示の遅れが問題になっています。
市長がその責任を追及されています。

しかし、避難指示をするのは市役所ですが、越水や決壊の危険性を判断できるのは、河川管理者である国交省です。国交省が市役所に適切な情報をすみやかに流さなかったことがなぜ問題にされないのでしょうか。

【2015/09/16 01:42】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック