「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
facebook 田中 優 コミュニティ -
https://www.facebook.com/tanakayupage?fref=nf

転載します。
 ↓↓↓

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第464号
2015.9.3発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□

※このメルマガは転送転載、大歓迎です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆現地からSOS!強制収用となった石木ダム抗議行動 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


現地からSOSです!
ニュースやブログと、フェイスブックでの田中優コメントを時系列でご紹介します。
現地に行ける方はぜひよろしくお願いします!
---------------

【2015.8.26】


▼石木ダム、初の強制収用 (長崎新聞 2015.8.26)
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2015/08/26085754018287.shtml

「県と佐世保市が東彼川棚町に計画する石木ダム建設事業で、県は25日、
反対地権者4世帯の農地約5500平方メートルについて、土地収用法に基づき
所有権が国に移転したと発表した。 (中略)

反対地権者側は「一方的な土地の強奪だ」と反発を強めており、
支援する弁護団は法的対抗措置も検討している。」


■田中優より
「長崎県の石木ダム、ついに強制収用するという。
洪水防止にも水利用の対策にもならないのに。」   


---------------


【2015.8.29】


▼畑に看板が建った - 西風に吹かれて (2015.8.29)
http://blog.goo.ne.jp/bhdsy27/e/d99c0c67563f89d42a9dc9b9f458a02d


「そのサカエさんが、ダム小屋に寄った私に、
「昨日、いきがいセンターから帰ってみたら、畑に立入り禁止の看板の建っとったとよ。
負けるもんか!ね~え。」と言われる。

「えっ!看板が?」あわててサカエさんの畑まで走った。

確かに、道路工事のときに使うような看板が立ててある。
畑の前にあるサカエさんの家の塀には『水の底より今の故郷』と書かれた看板が
外れないようにしっかりと固定されている。」



■田中優より
「強制収用によって自分の畑に看板が立ち、「使用を禁止します」と言われる。
石木ダムに合理性はない。長崎県は強気だが、こうした権力の横暴を許さないために
憲法がある。そして既成事実化にひるまない人々が社会をつくる。」



---------------


【2015.9.1】


■田中優より

「強制収用をしようとしている長崎県・石木ダム、現地の人たちからのSOSがあります。
ごめんなさい、ぼくが出かけられなくて。


「石木川まもりたい」のブログ http://blog.goo.ne.jp/hotaru392011 に、
ダムが不必要な理由が示されています。


こちらもご参考ください
水源連 石木ダムページ  http://suigenren.jp/damlist/dammap/ishikidam/ 」



<<9月2日~9月7日 強制立ち入り調査の抗議行動を!!>>

「共有地を含む残りすべての土地を収用裁決準備のため、強制立ち入り調査を9月2日より
7日まで土曜、日曜日を除く4日間行うと長崎県より通知が来ています。

聞く話では、県職・業者併せて70名体制で3か所より開始するといっています。

石木ダム建設に絶対反対だと長崎県にわからせるためにも、立ち入り調査は阻止しなければなりません。

しかし今私たちは、付け替え道路工事の抗議行動も行っており人手が足りません。
皆様の阻止行動への参加をお願いいたします。


★阻止行動
 集合場所  川原さん宅前広場(採石場より200メーター程登った所)
 時間    午前9時

阻止行動は現地の人の指示に従ってください。また弁当持参でお願いいたします。」


詳しくはこちらより
▼水源連「現地では抗議行動が続いています」
http://suigenren.jp/wp-content/uploads/2012/09/90a9845837ea089a3728160c00cf069a.pdf



---------------


【2015.9.2】 


▼立ち入り調査を阻止 - 西風に吹かれて (2015.9.2)
http://blog.goo.ne.jp/bhdsy27/e/eb1794259ab4f9ddc36d9073d87ebddb


今日から9月7日まで、石木ダムが完成したら水没してしまう9軒の家屋と公民館
1棟の立ち入り調査が行なわれることになっている。

これは県が今年7月8日に手続き開始の申し立てを収用委員会にし、
7月31日に告示が行なわれたため、収用採決申請書作成に必要な土地の測量や
家屋の評価をするために行なわれるのだ。

午前9時30分、県の職員や測量業者・家屋調査の業者など70人もの人間が
三方からやって来た。

こちらは地権者と支援者とで何とか立ち入らせまいと、
それぞれ三方に分かれて県職員を待ち受けた。

私はこのうちダム小屋前の阻止行動に参加した。

(中略)

ダム小屋の前には地権者・支援者30名ほどが道路いっぱいに並んだ。
ばあちゃんたちも杖をついて参加。
「そがん造りたかったら、うちたちば殺してから造らんですか!」・・・



■田中優より

「石木ダムの強制収用に対する抗議、人が必要だと書いていたけれど、すぐに必要な
事態が起こってしまいました。でも断念して県側は帰っていきました。
「対話が必要だ」なんて知事は言っておきながら、こうして強制しようとする。

ぼく自身かつて公務員だったんだけど、公務員は日本国憲法の規定を順守するという
誓約書を書いているので、違法な上司からの命令に背くことができるんだけど。

これで終わるわけではありませんが、今回の抗議行動に参加できる方はぜひよろしく
お願いします。」


追記を閉じる▲
---------------

【2015.8.26】


▼石木ダム、初の強制収用 (長崎新聞 2015.8.26)
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2015/08/26085754018287.shtml

「県と佐世保市が東彼川棚町に計画する石木ダム建設事業で、県は25日、
反対地権者4世帯の農地約5500平方メートルについて、土地収用法に基づき
所有権が国に移転したと発表した。 (中略)

反対地権者側は「一方的な土地の強奪だ」と反発を強めており、
支援する弁護団は法的対抗措置も検討している。」


■田中優より
「長崎県の石木ダム、ついに強制収用するという。
洪水防止にも水利用の対策にもならないのに。」   


---------------


【2015.8.29】


▼畑に看板が建った - 西風に吹かれて (2015.8.29)
http://blog.goo.ne.jp/bhdsy27/e/d99c0c67563f89d42a9dc9b9f458a02d


「そのサカエさんが、ダム小屋に寄った私に、
「昨日、いきがいセンターから帰ってみたら、畑に立入り禁止の看板の建っとったとよ。
負けるもんか!ね~え。」と言われる。

「えっ!看板が?」あわててサカエさんの畑まで走った。

確かに、道路工事のときに使うような看板が立ててある。
畑の前にあるサカエさんの家の塀には『水の底より今の故郷』と書かれた看板が
外れないようにしっかりと固定されている。」



■田中優より
「強制収用によって自分の畑に看板が立ち、「使用を禁止します」と言われる。
石木ダムに合理性はない。長崎県は強気だが、こうした権力の横暴を許さないために
憲法がある。そして既成事実化にひるまない人々が社会をつくる。」



---------------


【2015.9.1】


■田中優より

「強制収用をしようとしている長崎県・石木ダム、現地の人たちからのSOSがあります。
ごめんなさい、ぼくが出かけられなくて。


「石木川まもりたい」のブログ http://blog.goo.ne.jp/hotaru392011 に、
ダムが不必要な理由が示されています。


こちらもご参考ください
水源連 石木ダムページ  http://suigenren.jp/damlist/dammap/ishikidam/ 」



<<9月2日~9月7日 強制立ち入り調査の抗議行動を!!>>

「共有地を含む残りすべての土地を収用裁決準備のため、強制立ち入り調査を9月2日より
7日まで土曜、日曜日を除く4日間行うと長崎県より通知が来ています。

聞く話では、県職・業者併せて70名体制で3か所より開始するといっています。

石木ダム建設に絶対反対だと長崎県にわからせるためにも、立ち入り調査は阻止しなければなりません。

しかし今私たちは、付け替え道路工事の抗議行動も行っており人手が足りません。
皆様の阻止行動への参加をお願いいたします。


★阻止行動
 集合場所  川原さん宅前広場(採石場より200メーター程登った所)
 時間    午前9時

阻止行動は現地の人の指示に従ってください。また弁当持参でお願いいたします。」


詳しくはこちらより
▼水源連「現地では抗議行動が続いています」
http://suigenren.jp/wp-content/uploads/2012/09/90a9845837ea089a3728160c00cf069a.pdf



---------------


【2015.9.2】 


▼立ち入り調査を阻止 - 西風に吹かれて (2015.9.2)
http://blog.goo.ne.jp/bhdsy27/e/eb1794259ab4f9ddc36d9073d87ebddb


今日から9月7日まで、石木ダムが完成したら水没してしまう9軒の家屋と公民館
1棟の立ち入り調査が行なわれることになっている。

これは県が今年7月8日に手続き開始の申し立てを収用委員会にし、
7月31日に告示が行なわれたため、収用採決申請書作成に必要な土地の測量や
家屋の評価をするために行なわれるのだ。

午前9時30分、県の職員や測量業者・家屋調査の業者など70人もの人間が
三方からやって来た。

こちらは地権者と支援者とで何とか立ち入らせまいと、
それぞれ三方に分かれて県職員を待ち受けた。

私はこのうちダム小屋前の阻止行動に参加した。

(中略)

ダム小屋の前には地権者・支援者30名ほどが道路いっぱいに並んだ。
ばあちゃんたちも杖をついて参加。
「そがん造りたかったら、うちたちば殺してから造らんですか!」・・・



■田中優より

「石木ダムの強制収用に対する抗議、人が必要だと書いていたけれど、すぐに必要な
事態が起こってしまいました。でも断念して県側は帰っていきました。
「対話が必要だ」なんて知事は言っておきながら、こうして強制しようとする。

ぼく自身かつて公務員だったんだけど、公務員は日本国憲法の規定を順守するという
誓約書を書いているので、違法な上司からの命令に背くことができるんだけど。

これで終わるわけではありませんが、今回の抗議行動に参加できる方はぜひよろしく
お願いします。」

【2015/09/06 00:05】 | 石木ダム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック