「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
               嶋津 暉之

8月24日の国交省「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」が群馬県の倉渕ダム、増田川ダム、岩手県の津付ダムの中止、山口県の大河内川ダムの推進を容認しました。

これらの検証結果の資料が国交省のHPに掲載されました。
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/tisuinoarikata/dai34kai/index.html

議事要旨は下記です。
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/tisuinoarikata/dai34kai/dai34kai_gijiyousi.pdf

群馬県の倉渕ダム、増田川ダムについて中止の理由を見ると、次の通りでした。

群馬県の倉渕ダム

① 治水
 烏川の治水安全度は計画では1/50だが、当面は1/35とする。

② 高崎市の水道用水21000㎥/日の確保
 高崎市の水道水源に群馬用水の余剰水利権を転用する(H23.8水利権許可)。

③ 流水の正常な機能の維持
 水田面積の減少で流況が改善されてきている。


群馬県の増田川ダム


① 治水
 碓氷川の治水安全度を1/25とする。

 ダム計画は1/100で策定されているが、1/25とすると、河道改修案が60億円で、
 ダム+河道改修案343億円に対して事業費が安上がりになる。

② 安中市の水道用水5000㎥/日の確保
 事業費はダム案26億円に対して、河道外貯留施設案 14億円である。
 この新規利水対策の実施は鋭意努力する。

③ 流水の正常な機能の維持
 ダム案が優位であるが、当面は補給施設の整備は行わないものとする。

以上のように、ダムを中止する場合は、ダム推進の場合は全く異なり、行政の建前から見て不十分であっても、ダム中止で差支えないとしています。

倉淵ダムの烏川の治水基準点「君が代橋」は群馬県で最大の都市・高崎市の市街地の近傍にありますが、治水安全度は1/35でOKとしています。

増田川ダムの碓氷川も、君が代橋の直下で烏川に合流する支川ですが、その治水安全度を1/25でOKとしています。

長崎県の石木ダムは、人口4000人の川棚川下流部の治水安全度を1/100としているために必要とされています。

実際は1/100でも石木ダムは不要ですが、それはともかく、これと倉渕ダムや増田川ダムの中止理由と比べると、ダム行政がいかに恣意的なものであるかがよくわかります。



【2015/08/27 02:48】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック