「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
「八ッ場あしたの会」の後援している「将来の制度改革の方向性を率直に語る 」ことを目的としたシンポジウムです。
http://yamba-net.org/?p=11779

水循環基本法が制定されて一年、
水循環基本計画が閣議決定されましたが、問題が山積しているようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シンポジウム「わが国の水政策の将来 ―水循環基本計画の光と影―」
共催 水循環基本法フォローアップ委員会&日本地下水学会
後援/協賛:水資源保全全国自治体連絡会、
全国水環境交流会など学協会・NPO団体など

開催月日:7月29日(水) 午前10時~午後4時
会場:星陵会館ホール
参加費:資料代実費1名1500円(書下ろしテキスト作成実費など)


[プログラム]
<午前の部(10:00~12:00)>
開会挨拶                  ・・・委員会座長 高橋 裕
(1)総括:フォローアップ委員会活動の1年      同幹事 稲場紀久雄
(2)我が国の水政策の将来          ・・・       高橋 裕
(3)水法制の過去・現在・未来      ・・・三好規正

<午後の部(13:00~16:00)>
(4)水循環基本計画を斬る!
 ○人命最優先の流域治水                 ・・・宮本博司
 ○地下水マネジメント ―地下水保全法の制定こそ急務―  ・・・谷口真人
 ○人口減少時代の水需給と水インフラ戦略        ・・・稲場紀久雄
 ○森林の緑のダム機能の維持及び向上は可能か      ・・・蔵治光一郎
 ○沿岸海域の環境と水循環                ・・・遠藤愛子
 ○水循環不全と閉鎖性水域の再生―東京の水循環の構築― ・・・古賀輝彦

(5)パネル・ディスカッション
我が国の水政策と水制度改革戦略を語る
    ―チェアマン:高橋 裕/ パネラー:上記の後援者全員
我が国の水を守る声明書(朗読)
閉会挨拶              ・・・日本地下水学会会長 谷口真人

[後援・協賛団体一覧]
水資源保全全国自治体連絡会 全国水環境交流会 全国源流の郷協議会 
NPO法人・菜の花プロジェクト・ネットワーク 公益社団 雨水貯留浸透技術協会
関西のダムと水道を考える会 NPO法人・地域水道支援センター 
リバーポリシーネットワーク 大野の水環境ネットワーク 
NPO法人・水道事業活性化懇話会 NPO法人・日本下水文化研究会 
みずとみどり研究会 日本地質汚染審査機構 神田川ネットワーク 
千曲川・信濃川復権の会 水源開発問題全国連絡会 東久留米湧水・清流保全条例研究会
石神井公園再生フォーラム 浅川流域市民フォーラム 八ツ場あしたの会 
武庫川づくりと流域連携を進める会 環境監視研究所

[星陵会館までのご案内]
[住所] 東京都千代田区永田町2-16-2  ℡ 03(3581)5650
(参議院議員会館裏、日比谷高校グランド側、北海道東京事務所隣)
[交通] ☆有楽町線、半蔵門線、南北線:永田町駅下車6番出口から徒歩3分

[申込方法]
1.参加費:テキスト作成などの実費(1500円)です。会場受付でお支払下さい。
2.定員は400名です。事前申込の方優先です。当日申込みも歓迎です。
3.参加申込期限は、7月25日までとします。
4.参加申込は、『シンポジウム わが国の水政策の将来』申込書と記し、参加団体名、出席者氏名、
連絡先(電話番号、申込者氏名を含む)をFAX、郵送又はメールのいずれかでお申込み下さい。
FAX番号、住所、アドレスは下記の通りです。
○ FAXの場合: 03(5363)1129
○ 郵送の場合 :申込先住所 〒162-0067 東京都新宿区富久町6-5
NPO法人 日本下水文化研究会事務局(シンポジウムを支援する会)宛て
○メールの場合: jade*jca.apc.org  (*印を@に変えて送信して下さい。)


追記を閉じる▲
共催 水循環基本法フォローアップ委員会&日本地下水学会
後援/協賛:水資源保全全国自治体連絡会、
全国水環境交流会など学協会・NPO団体など

開催月日:7月29日(水) 午前10時~午後4時
会場:星陵会館ホール
参加費:資料代実費1名1500円(書下ろしテキスト作成実費など)


[プログラム]
<午前の部(10:00~12:00)>
開会挨拶                  ・・・委員会座長 高橋 裕
(1)総括:フォローアップ委員会活動の1年      同幹事 稲場紀久雄
(2)我が国の水政策の将来          ・・・       高橋 裕
(3)水法制の過去・現在・未来      ・・・三好規正

<午後の部(13:00~16:00)>
(4)水循環基本計画を斬る!
 ○人命最優先の流域治水                 ・・・宮本博司
 ○地下水マネジメント ―地下水保全法の制定こそ急務―  ・・・谷口真人
 ○人口減少時代の水需給と水インフラ戦略        ・・・稲場紀久雄
 ○森林の緑のダム機能の維持及び向上は可能か      ・・・蔵治光一郎
 ○沿岸海域の環境と水循環                ・・・遠藤愛子
 ○水循環不全と閉鎖性水域の再生―東京の水循環の構築― ・・・古賀輝彦

(5)パネル・ディスカッション
我が国の水政策と水制度改革戦略を語る
    ―チェアマン:高橋 裕/ パネラー:上記の後援者全員
我が国の水を守る声明書(朗読)
閉会挨拶              ・・・日本地下水学会会長 谷口真人

[後援・協賛団体一覧]
水資源保全全国自治体連絡会 全国水環境交流会 全国源流の郷協議会 
NPO法人・菜の花プロジェクト・ネットワーク 公益社団 雨水貯留浸透技術協会
関西のダムと水道を考える会 NPO法人・地域水道支援センター 
リバーポリシーネットワーク 大野の水環境ネットワーク 
NPO法人・水道事業活性化懇話会 NPO法人・日本下水文化研究会 
みずとみどり研究会 日本地質汚染審査機構 神田川ネットワーク 
千曲川・信濃川復権の会 水源開発問題全国連絡会 東久留米湧水・清流保全条例研究会
石神井公園再生フォーラム 浅川流域市民フォーラム 八ツ場あしたの会 
武庫川づくりと流域連携を進める会 環境監視研究所

[星陵会館までのご案内]
[住所] 東京都千代田区永田町2-16-2  ℡ 03(3581)5650
(参議院議員会館裏、日比谷高校グランド側、北海道東京事務所隣)
[交通] ☆有楽町線、半蔵門線、南北線:永田町駅下車6番出口から徒歩3分

[申込方法]
1.参加費:テキスト作成などの実費(1500円)です。会場受付でお支払下さい。
2.定員は400名です。事前申込の方優先です。当日申込みも歓迎です。
3.参加申込期限は、7月25日までとします。
4.参加申込は、『シンポジウム わが国の水政策の将来』申込書と記し、参加団体名、出席者氏名、
連絡先(電話番号、申込者氏名を含む)をFAX、郵送又はメールのいずれかでお申込み下さい。
FAX番号、住所、アドレスは下記の通りです。
○ FAXの場合: 03(5363)1129
○ 郵送の場合 :申込先住所 〒162-0067 東京都新宿区富久町6-5
NPO法人 日本下水文化研究会事務局(シンポジウムを支援する会)宛て
○メールの場合: jade*jca.apc.org  (*印を@に変えて送信して下さい。)

【2015/07/09 23:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック