「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
           嶋津 暉之

去る6月26~27日に八ッ場ダム土地収用の公聴会が群馬県で開かれました。
今朝の東京新聞特報部がこの公聴会の内容を大きく取り上げました。

「八ッ場ダムの土地収用公聴会」 (東京新聞特報部 2015年7月5日)
image.gif

民主党政権時代に「無駄な公共事業の象徴」とされた八ッ場ダム(群馬県長野原町)の建設工事に関し、国は土地収用をめぐる公聴会を開いた。
国土交通省側がダムの必要性や公益性を強調する一方で、水没予定地で暮らす住民は事業の進め方を批判。
市民団体メンバーからは、建設目的が失われているとの訴えが相次いだ。
あらためて問う。八ッ場ダムは本当に必要なのか。 (篠ケ瀬祐司)


*関連記事

この記事で登場する地元住民、高山彰さんの公述の内容は、八ッ場あしたの会のHPに掲載されています。

八ッ場ダム公聴会ーダム予定地からの反対意見 | 八ッ場(やんば)あしたの会

八ツ場ダムをストップさせる埼玉の会 八ッ場ダム強制収用についての公聴会での公述(嶋津 暉之)

八ッ場ダム強制収用についての公聴会ー嶋津暉之さんの公述 | 八ッ場(やんば)あしたの会

八ッ場あしたの会には公聴会の他の記事も載っています。
強制収用の可否を問う八ッ場ダム公聴会 | 八ッ場(やんば)あしたの会

八ッ場ダム公聴会体験記 | 八ッ場(やんば)あしたの会

八ッ場ダム公聴会についてのまさのさんレポート(Yahoo!ニュース) | 八ッ場(やんば)あしたの会

八ッ場ダム公聴会1日目 | 八ッ場(やんば)あしたの会




追記を閉じる▲
強制収用の可否を問う八ッ場ダム公聴会 | 八ッ場(やんば)あしたの会

八ッ場ダム公聴会体験記 | 八ッ場(やんば)あしたの会

八ッ場ダム公聴会についてのまさのさんレポート(Yahoo!ニュース) | 八ッ場(やんば)あしたの会

八ッ場ダム公聴会1日目 | 八ッ場(やんば)あしたの会



【2015/07/05 21:00】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック