「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                 嶋津 暉之

熊本県・球磨川の支流「川辺川」では土砂堆積の進行でアユやヤマメなどの魚影が薄くなってきているので、その対策を考える協議会が発足するという記事です。

川辺川は土砂供給量が大きい川であって、川辺川ダム計画では、総貯水容量13,300万m3のうち、2,700万m3が堆砂容量でした。これは100年間分の土砂堆積量を見込んだものですから、毎年27万m3の土砂が川辺川ダムに堆積することになっていました。
東京ドームの容積が124万m3ですから、川辺川ダムには東京ドームの1/5強という膨大な量の土砂が毎年たまることになっていました。

しかし、川辺川の土砂供給量が大きいことは以前から続いていることであって、なぜ、最近になって魚影が薄くなってきているのかを考える必要があると思います。
川辺川の上流には穴あきダムのような、朴の木ダム、樅の木ダムという巨大な砂防ダムがあって、そこに土砂がひどく堆積して、小雨でも土砂が流れ出し、濁りが長期化するようになっています。
そのことが魚影が薄くなることの要因になっているように思います。

◆熊本)川辺川再生へ官民一丸 五木村など協議会発足へ
(朝日新聞熊本版 2015年6月5日)
http://www.asahi.com/articles/ASH64451SH64TLVB006.html

清流日本一で知られる川辺川を「恵み豊かな川」に再生したいと、五木村は近く、国と県、漁業協同組合、ダムを運営する電力事業者とともに川辺川の環境や景観について話し合う協議会を発足させる。川に堆積(たいせき)した土砂や砂利を除去し、魚影が薄くなったというアユやヤマメなどの生息数の回復を狙うという。

関係者の意見交換会が4日、五木村役場であり、協議会の発足を決めた。和田拓也村長は「川の堆砂(たいしゃ)が激しい。河川の環境をいかに良好に保つかを話し合いたい」とあいさつ、「できるだけ早い機会に設立総会を開きたい」と話した。
川辺川は球磨川水系最大の1級河川で、国土交通省が全国の1級河川を対象にした水質調査で8年連続して1位。ただ、堆積土砂量の増大などで淡水魚の生息数が減少。川辺川ダム計画による仮設道路に架かる橋脚や水害で流された電柱や流木が残ったままで、川の景観を壊している場所も多いという。

意見交換会で村漁協の犬童雅之組合長(79)は「砂利がたまってふちが消え、魚の住むところがなくなった」と指摘し、「川は一日一日悪化している。漁民は切羽詰まっている」と早急の対策を講じるよう要望した。(知覧哲郎)


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


追記を閉じる▲
川辺川は球磨川水系最大の1級河川で、国土交通省が全国の1級河川を対象にした水質調査で8年連続して1位。ただ、堆積土砂量の増大などで淡水魚の生息数が減少。川辺川ダム計画による仮設道路に架かる橋脚や水害で流された電柱や流木が残ったままで、川の景観を壊している場所も多いという。

意見交換会で村漁協の犬童雅之組合長(79)は「砂利がたまってふちが消え、魚の住むところがなくなった」と指摘し、「川は一日一日悪化している。漁民は切羽詰まっている」と早急の対策を講じるよう要望した。(知覧哲郎)


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ

【2015/06/07 13:15】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック