「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                 嶋津 暉之

石木ダムの建設に伴う道路工事の着工を地権者らが無言の行動で阻止しています。
長崎県側の弁護団が裁判所の決定に基づいて阻止行動をやめるよう地権者側の弁護団に求めたのに対し、地権者側の弁護団が反論しました。
「長崎県知事は諌早湾干拓事業の開門では、確定判決を守っていないのに正当性がない」と、痛烈に反論しました。

◆石木ダムめぐり弁護団応酬
(NHK2015年05月30日 16時09分)
http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/5035156991.html?t=1433022648892

川棚町に計画されている石木ダムの建設に伴う道路工事が反対する地権者の阻止行動で着工できていない問題で、長崎県が裁判所の決定に基づいて阻止行動をやめるよう地権者側の弁護団に求めたのに対し、

地権者側の弁護団は「諌早湾干拓事業の開門では、確定判決を守っていないのに正当性がない」などと応じました。
石木ダムの建設をめぐっては、長崎県が水没する県道に代わる道路工事の着工を去年7月に試みましたが、反対する地権者などが抗議して着工できませんでした。

ことし3月には、県の申し立てを受けて、長崎地方裁判所佐世保支部が地権者など16人について妨害活動があったと認め、妨害してはならないとする決定を出していますが、地権者らの抵抗は続き、いまも工事は始まっていません。

こうした状況を受けて、県側は今月22日付けで「妨害行動は違法で弁護士の立場から、やめるようにしてほしい」などとする文書を地権者側の弁護団に送りました。

これに対し、地権者側の弁護団は29日、文書で回答し、「仮処分を受けた16人に対しては、決定に反する行為を行わないように十分説明している」と反論しました。

その上で、諫早湾干拓事業を引き合いに、「知事は、開門を命じた確定判決を実行させないための訴訟を支持する立場を公然と表明している。

石木ダム建設反対の人が、決定に従わなければならないとする正当性を説明して欲しい」として、1週間以内に回答するよう求めました。


追記を閉じる▲
石木ダムの建設をめぐっては、長崎県が水没する県道に代わる道路工事の着工を去年7月に試みましたが、反対する地権者などが抗議して着工できませんでした。

ことし3月には、県の申し立てを受けて、長崎地方裁判所佐世保支部が地権者など16人について妨害活動があったと認め、妨害してはならないとする決定を出していますが、地権者らの抵抗は続き、いまも工事は始まっていません。

こうした状況を受けて、県側は今月22日付けで「妨害行動は違法で弁護士の立場から、やめるようにしてほしい」などとする文書を地権者側の弁護団に送りました。

これに対し、地権者側の弁護団は29日、文書で回答し、「仮処分を受けた16人に対しては、決定に反する行為を行わないように十分説明している」と反論しました。

その上で、諫早湾干拓事業を引き合いに、「知事は、開門を命じた確定判決を実行させないための訴訟を支持する立場を公然と表明している。

石木ダム建設反対の人が、決定に従わなければならないとする正当性を説明して欲しい」として、1週間以内に回答するよう求めました。

【2015/06/01 00:57】 | Webの記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック