「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                        嶋津 暉之

徳島県・那賀川の直轄ダム「長安口ダム(ながやすぐちダム)」が「最大放流量になる予想の時刻」も通知することになったという記事です。
それに合わせて、阿南市や那賀町では「タイムライン」と呼ばれる事前行動計画により、那賀川の水位の到達に応じて避難勧告や避難指示などが速やかに出されることになったとのことです。
これをどのように評価すべきでしょうか?、


◆長安口ダムの放流に関する説明会(徳島県)
(四国放送 2015/5/29)
http://news24.jp/nnn/news8673375.html

本格的な大雨シーズンを前に国土交通省那賀川河川事務所は29日、長安口ダムの放流に関する説明会を開きました。

阿南市で開かれた説明会には那賀川流域の防災関係機関14団体が集まり、那賀川河川事務所が情報伝達の一部を見直したことを説明しました。

これは、去年8月の豪雨で那賀川が氾濫し、流域に大きな被害が出たのを教訓に河川管理者や大学の専門家らが対応を検討した結果です。
今年度からは、長安口ダムを放流する際、行政や警察、消防など関係機関に対し、「最大放流量になる予想の時刻」も通知することになりました。

これまでは放流を開始する知らせと予想の最大放流量を通知していましたが、今年度からはあらかじめ予想時刻も知らせます。

また、阿南市や那賀町では「タイムライン」と呼ばれる事前行動計画が作成されたため、那賀川の水位の到達に応じて避難勧告や避難指示などが速やかに出されることになっています。




追記を閉じる▲
今年度からは、長安口ダムを放流する際、行政や警察、消防など関係機関に対し、「最大放流量になる予想の時刻」も通知することになりました。

これまでは放流を開始する知らせと予想の最大放流量を通知していましたが、今年度からはあらかじめ予想時刻も知らせます。

また、阿南市や那賀町では「タイムライン」と呼ばれる事前行動計画が作成されたため、那賀川の水位の到達に応じて避難勧告や避難指示などが速やかに出されることになっています。



【2015/05/31 23:40】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック