「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
             嶋津 暉之

中止することになった滋賀県の水機構ダム「丹生ダム」についての記事です。

◆湖北河川整備:県が計画原案 丹生ダム「中止」受け、住民説明会で提示 長浜 /滋賀
(毎日新聞滋賀版 2015年05月25日)
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20150525ddlk25010299000c.html

川の増水被害が危惧されながらも策定が遅れていた県の湖北圏域河川整備計画の原案がまとまり、長浜市内2カ所で24日、住民説明会が開かれた。

同市余呉町で建設予定だった丹生ダムについて、国土交通省近畿地方整備局が昨年1月に事実上の中止方針を決め、ようやく住民に整備計画が示された。【石川勝義】

原案では、戦後最大の洪水を安全に流せるように河川を改修するとしている。計画流量に満たない箇所は川底を掘り下げるなどして流量を確保する。

丹生ダム計画があった高時川の整備実施区間は27キロで、合流する姉川との整備費の合計は約80億円。丹生ダムを治水ダムとして建設した場合の費用246億円より安く済むとしている。

湖北圏域では、県の2008年の治水整備必要度の仕分けで、高時川など5河川が「Aランク」(20年以内に整備が必要)に、破堤時の影響が大きく堤防の点検や補強が必要な「Tランク」にも10河川が指定されている。

また昨年3月には、浸水警戒区域を指定して建築規制を課す、罰則付きの県流域治水推進条例が成立。洪水などの不安に加え、建築規制の条例ができるのに河川整備計画が示されず、住民から批判が出ていた。

長浜市高月町布施自治会の男性役員(52)は「余呉川流域に住んでおり、整備計画がなく洪水が不安だった。主要河川以外にも増水時に怖く感じる川があるので、安心できる計画を示してほしい」と話した。


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


追記を閉じる▲

丹生ダム計画があった高時川の整備実施区間は27キロで、合流する姉川との整備費の合計は約80億円。丹生ダムを治水ダムとして建設した場合の費用246億円より安く済むとしている。

湖北圏域では、県の2008年の治水整備必要度の仕分けで、高時川など5河川が「Aランク」(20年以内に整備が必要)に、破堤時の影響が大きく堤防の点検や補強が必要な「Tランク」にも10河川が指定されている。

また昨年3月には、浸水警戒区域を指定して建築規制を課す、罰則付きの県流域治水推進条例が成立。洪水などの不安に加え、建築規制の条例ができるのに河川整備計画が示されず、住民から批判が出ていた。

長浜市高月町布施自治会の男性役員(52)は「余呉川流域に住んでおり、整備計画がなく洪水が不安だった。主要河川以外にも増水時に怖く感じる川があるので、安心できる計画を示してほしい」と話した。


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ

【2015/05/29 04:43】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック