「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
             嶋津 暉之

八ッ場ダム事業認定申請に関する公聴会が6月26日(金)、27日(土)に東吾妻町コンベンションホール ふれあいの館で開かれます。

八ッ場あしたの会のHP 
http://u666u.info/ldYo

国交省のHP
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/land_expropriation/sosei_land_fr_000345.html 

をご覧ください。

予想外に早い展開です。
事業認定庁が同じ国交省だから、関東地方整備局からの要望でスピードアップしているようです。

東吾妻町は地元以外の人にとって近くはありませんが、公の場で八ッ場ダムの問題を指摘し、関東地方整備局に対して質問をぶつけることができます。(人数の枠を超えた場合は公述人になれないことがあります)

私もこれから、公述申出書に意見の要旨と質問項目を書いて提出する予定です。

〇公聴会

6月26日(金)13時30分~20時頃
6月27日(土)10時15分~18時頃

場所:岩櫃(いわびつ)ふれあいの郷 東吾妻町コンベンションホール ふれあいの館
   (JR吾妻線・群馬原町駅から徒歩10分)

公述の申出は5月26日(火)までで、メール、FAX、郵便、持参のいずれかです。
郵便の場合は5月26日必着になっています。
公述の申出書の様式は上記の国交省HPに載っています。

問い合わせ先及び送り先

国土交通省総合政策局総務課土地収用管理室
〒100-8918 東京都千代田区霞が関2の1の3
電話03(5253)8111(内線24156)
FAX 03(5253)1546
電子メールアドレス expr-eco@mlit.go.jp

【2015/05/23 02:52】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック