「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                嶋津 暉之

球磨川流域12市町村が川辺川ダムに代わる球磨川の安全対策の強化を熊本県知事に要望しました。
朝日、毎日、熊日の記事です。

前にもお伝えしたことがありますが、川辺川ダムは八ッ場ダムと異なり、2009年9月の国交大臣の中止言明で中止が決定しましたが、法的にはまだ中止になっていません。

川辺川ダムなしの球磨川水系河川整備計画が策定されないと、特定多目的ダム法による川辺ダム計画を廃止できない仕組みになっているからです。

国、県、流域市町村による「ダムによらない治水を検討する場」が今まで11回開かれましたが、既往洪水の再来に対応できる、川辺川ダムなしの治水計画をつくることができない状況に陥っています。

実際には河道を掘削して河道対応流量を増やす計画をつくれば、川辺川ダムなしで既往洪水の再来に対応できるのですが、河川整備計画の上位計画である球磨川水系河川整備基本方針を2007年に策定するときに、川辺川ダム計画の代替案が浮上しないように、人吉地点の計画高水流量(河道対応流量)が4000㎥/秒に据え置かれました(基本高水流量は7000㎥/秒)。

河道対応流量が4000㎥/秒のままであると、既往洪水の最大は5千数百㎥/秒ですから、既設の市房ダムの効果を差し引いても、1000㎥/秒程度の洪水をカットする方策がなければなりません。遊水池を多く設置する代替案が検討されていますが、その効果は限られています。

河道対応流量を4000㎥/秒に据え置いた表向きの理由は河道を掘削すると、軟岩が露出して堤防の維持に支障が出るというものでした。

しかし、それは河道をやや深めに掘って砂礫で覆えば、解決できることですし、むしろ、川辺川ダムがもしつくられれば、砂礫の流下を妨げれ、川辺川ダムの方が軟岩の露出を引き起こします。

河川整備基本方針を審議した国交省の委員会に、私たちはそのような意見書を提出したのですが、当時は川辺川ダム計画の推進が至上命題であったので、受け入れられませんでした。

球磨川に関しては河川整備基本方針そのものを真っ当な内容に改定しないと、川辺川ダムなしの河川整備計画がいつまでも策定されず、川辺川ダムは法的に生き続けることになります。


◆熊本)球磨川の治水対策など知事に要望 流域12市町村
(朝日新聞熊本版 2015年1月29日)
http://www.asahi.com/articles/ASH1X4Q7PH1XTLVB006.html

川辺川ダムに代わる球磨川水系の治水対策などについて、流域12市町村は28日、治水安全度が低い地域への対策などを求める要望書を蒲島郁夫知事に提出した。蒲島知事は「治水は早急にハード、ソフト両面で進める」と応じた。
球磨川の治水対策は昨年12月、「ダムによらない治水を検討する場」の第11回会合で、蒲島知事が「最大限の対策を積み上げた」として、検討する場の終了を提案。

一方、流域市町村はこれまで提案された対策を実施しても、人吉市や球磨村で治水安全度が低い地域が残ることから懸念の声が上がっていた。

球磨郡町村会長の松本照彦・多良木町長は「抜本的な治水対策を流域12市町村が共有できるまでには至っていない」と述べ、柳詰正治・球磨村長は「低い安全度に不安がある。最大限に対策をお願いしたい」と求めた。

要望書は、ダムの建設・水没予定地だった五木村や相良村の振興策についても求めた。


和田拓也・五木村長は「五木村の振興計画は10年だが、すでに5年が経過した。人口が急激に減っておりバックアップが必要」と述べたのに対し、蒲島知事は、振興策の期限については柔軟に対応していく考えを示した。(河原一郎)


◆球磨川流域市町村:治水の安全度向上を 知事に要望書提出 /熊本
(毎日新聞熊本版 2015年01月29日)
http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20150129ddlk43010508000c.html

川辺川ダム計画中止後の球磨川水系の治水策を巡り、流域の12市町村を代表して松本照彦・多良木町長ら3人が28日、県庁で治水の安全度向上や地域振興を求める要望書を蒲島郁夫知事に提出した。

昨年12月に国と県、流域市町村が治水策を協議する「ダムによらない治水を検討する場」の首長級会議が開かれた際、蒲島知事は「検討する場」の終了を提案。次回にも終了し、今後は新たな枠組みで安全度向上について検討することになる。

今回の要望は、協議が次の段階に入る前に地元の意向を再確認するのが目的。要望書では、治水の安全度が低い区間で早急に最大の対策を講じることと、ダム建設事業を受け入れた五木村や相良村四浦地区の再建に最善の措置を講じることの2点を求めている。

蒲島知事は「ハード、ソフト両面から総合的な治水対策を進め、地域振興にもしっかりと取り組む」と話した。【松田栄二郎】


◆球磨川の安全対策の強化継続を 市町村が要望
(熊本日日新聞2015年01月28日)
http://kumanichi.com/news/local/main/20150128007.xhtml

人吉球磨地域など球磨川流域の12市町村長は28日、蒲島郁夫知事が川辺川ダム以外の治水対策を探る「ダムによらない治水を検討する場」での協議終了を提案したことを受け、引き続き安全対策の強化と五木村などの振興に配慮するよう県に要望した。

国、県、市町村の「検討する場」をめぐっては、蒲島知事が昨年12月の会合で「積み上げた対策案の実施で治水安全度は現状より向上する」として終了を提案。ただ、安全度が全国の国管理河川の目標より低い水準にとどまるため、「新たな形での検討」を続ける考えも示した。

要望で流域市町村は、これまでの議論について「抜本的な治水対策を共有できるまでには至っていない」と指摘。安全度が低い地区の解消と、ダム計画で疲弊した五木、相良両村の再建に最善の措置を講じるよう求めた。

球磨郡町村会長の松本照彦・多良木町長、和田拓也・五木村長、柳詰正治・球磨村長が県庁を訪ね、蒲島知事に要望書を手渡した。

県は、「検討する場」の次回会合で約6年に及ぶ治水代替案の協議を総括し、今後の方針について具体的に示す考え。(蔵原博康)


追記を閉じる▲
球磨川の治水対策は昨年12月、「ダムによらない治水を検討する場」の第11回会合で、蒲島知事が「最大限の対策を積み上げた」として、検討する場の終了を提案。

一方、流域市町村はこれまで提案された対策を実施しても、人吉市や球磨村で治水安全度が低い地域が残ることから懸念の声が上がっていた。

球磨郡町村会長の松本照彦・多良木町長は「抜本的な治水対策を流域12市町村が共有できるまでには至っていない」と述べ、柳詰正治・球磨村長は「低い安全度に不安がある。最大限に対策をお願いしたい」と求めた。

要望書は、ダムの建設・水没予定地だった五木村や相良村の振興策についても求めた。


和田拓也・五木村長は「五木村の振興計画は10年だが、すでに5年が経過した。人口が急激に減っておりバックアップが必要」と述べたのに対し、蒲島知事は、振興策の期限については柔軟に対応していく考えを示した。(河原一郎)


◆球磨川流域市町村:治水の安全度向上を 知事に要望書提出 /熊本
(毎日新聞熊本版 2015年01月29日)
http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20150129ddlk43010508000c.html

川辺川ダム計画中止後の球磨川水系の治水策を巡り、流域の12市町村を代表して松本照彦・多良木町長ら3人が28日、県庁で治水の安全度向上や地域振興を求める要望書を蒲島郁夫知事に提出した。

昨年12月に国と県、流域市町村が治水策を協議する「ダムによらない治水を検討する場」の首長級会議が開かれた際、蒲島知事は「検討する場」の終了を提案。次回にも終了し、今後は新たな枠組みで安全度向上について検討することになる。

今回の要望は、協議が次の段階に入る前に地元の意向を再確認するのが目的。要望書では、治水の安全度が低い区間で早急に最大の対策を講じることと、ダム建設事業を受け入れた五木村や相良村四浦地区の再建に最善の措置を講じることの2点を求めている。

蒲島知事は「ハード、ソフト両面から総合的な治水対策を進め、地域振興にもしっかりと取り組む」と話した。【松田栄二郎】


◆球磨川の安全対策の強化継続を 市町村が要望
(熊本日日新聞2015年01月28日)
http://kumanichi.com/news/local/main/20150128007.xhtml

人吉球磨地域など球磨川流域の12市町村長は28日、蒲島郁夫知事が川辺川ダム以外の治水対策を探る「ダムによらない治水を検討する場」での協議終了を提案したことを受け、引き続き安全対策の強化と五木村などの振興に配慮するよう県に要望した。

国、県、市町村の「検討する場」をめぐっては、蒲島知事が昨年12月の会合で「積み上げた対策案の実施で治水安全度は現状より向上する」として終了を提案。ただ、安全度が全国の国管理河川の目標より低い水準にとどまるため、「新たな形での検討」を続ける考えも示した。

要望で流域市町村は、これまでの議論について「抜本的な治水対策を共有できるまでには至っていない」と指摘。安全度が低い地区の解消と、ダム計画で疲弊した五木、相良両村の再建に最善の措置を講じるよう求めた。

球磨郡町村会長の松本照彦・多良木町長、和田拓也・五木村長、柳詰正治・球磨村長が県庁を訪ね、蒲島知事に要望書を手渡した。

県は、「検討する場」の次回会合で約6年に及ぶ治水代替案の協議を総括し、今後の方針について具体的に示す考え。(蔵原博康)

【2015/01/30 19:27】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック