「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
7a6d0d4fdd4aa92f439911a8d6e3402b.jpg

◆石木ダム建設:「強制収用」考える集会 映画上映や弁護団報告 18日・佐世保 /長崎
(毎日新聞 2015年01月14日 地方版)
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20150114ddlk42010539000c.html

県と佐世保市が川棚町に計画している石木ダム事業で、建設に反対する地権者や市民団体でつくる「今こそ考えよう石木ダム」実行委が18日、佐世保市三浦町のアルカスSASEBO4階中ホールで、建設反対を訴え「今こそ考えよう石木ダムと強制収用 未来を決めるのは私たち」と題して集会を開く。

2部構成で、第1部では不要なダムの撤去に取り組む人々の姿を追った米映画「ダムネーション」を上映。

第2部では地権者を支援する「石木ダム対策弁護団」の馬奈木昭雄団長の講演や、県や市がダム建設の根拠としている治水、利水面のデータについて「ここが変です」と題して指摘する弁護団報告、地権者のメッセージなどがある。

午後1時半開会。参加費500円。問い合わせは、石木川まもり隊の松本さん(090・6171・5810)。【梅田啓祐】


【2015/01/16 02:52】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック