「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◆設楽ダム:「本宮山南に活断層発見」 中止の会 /愛知
(毎日新聞i愛知版 2015年01月10日)
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20150110ddlk23040172000c.html

市民団体「設楽ダムの建設中止を求める会」(事務局・豊橋市)は、独自の地形調査で、豊川市の本宮山南側に「東北方向に向かう活断層を見つけた」と、同市役所一宮支所で開いた記者会見で発表した。

地質は調べておらず、同会の市野和夫代表は「国や県などに専門的調査の必要性を訴える」とする。

市野代表らが地形図で断層の可能性があるところを昨年11月10日~12月14日に調べたところ、同市上長山町の本宮山林道に、断層運動で岩石が砕かれた「破砕帯」があることや、南北に走る尾根が300メートルずれていることが分かった。
さらに、同山南の新しい地層上の農地などに連続する凹地があった。これらから、活断層が北東方向に走っていると判断した。

断層が走るとする方向を北東へ延長すると、設楽町の設楽ダム計画地近くを通る。

市野代表は、ダム建設について「非常に危険で調査が必要だ。事業は中止すべきだ」と話している。【清藤天】


追記を閉じる▲
さらに、同山南の新しい地層上の農地などに連続する凹地があった。これらから、活断層が北東方向に走っていると判断した。

断層が走るとする方向を北東へ延長すると、設楽町の設楽ダム計画地近くを通る。

市野代表は、ダム建設について「非常に危険で調査が必要だ。事業は中止すべきだ」と話している。【清藤天】

【2015/01/13 00:46】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック