「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
◆八ッ場ダム:「最高裁での勝訴を」 差し止め訴訟、市民団体が総会 /茨城
(毎日新聞茨城版 2014年12月21日)
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20141221ddlk08010078000c.html

市民団体「八ッ場ダムをストップさせる茨城の会」が20日、取手市福祉会館で第10回総会を開いた。本体着工を目前にした八ッ場ダム(群馬県長野原町)の現地の実態や、住民訴訟の進行状況が報告され、最高裁で勝訴を目指していく活動方針を決定した。

同会は、八ッ場ダム建設を巡る茨城県の公金支出差し止めを求める住民訴訟を支えている。東京高裁は今年3月の判決で原告の控訴を棄却。同様の住民訴訟が茨城を含む1都5県で行われ、10月までに全て控訴審判決が出そろい、いずれも住民が敗訴し、上告中だ。
この日の総会には約50人が出席。東京高裁判決について、茨城弁護団の谷萩陽一弁護士は「地方は国に従う義務があり、明白な瑕疵(かし)(ミス)や違法がない限り、違法な支出ではないと言っている」と解説。

そのうえで「日本の官僚は誰が見ても間違っているというような通知を出すわけがない。この論理だと、この種のどんな住民訴訟も負けることになり、高裁の判断枠組みが間違っている」と述べた。

弁護団としては「あきらめることなく、上告理由書の補充書を出し続けている」と語った。
【安味伸一】


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


映画「ダムネーション」公開中



お知らせ*11/22(土)渋谷アップリンクから 『ダムネーション』上映 -
http://is.gd/8gl5Oi


追記を閉じる▲
この日の総会には約50人が出席。東京高裁判決について、茨城弁護団の谷萩陽一弁護士は「地方は国に従う義務があり、明白な瑕疵(かし)(ミス)や違法がない限り、違法な支出ではないと言っている」と解説。

そのうえで「日本の官僚は誰が見ても間違っているというような通知を出すわけがない。この論理だと、この種のどんな住民訴訟も負けることになり、高裁の判断枠組みが間違っている」と述べた。

弁護団としては「あきらめることなく、上告理由書の補充書を出し続けている」と語った。
【安味伸一】


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


映画「ダムネーション」公開中



お知らせ*11/22(土)渋谷アップリンクから 『ダムネーション』上映 -
http://is.gd/8gl5Oi

【2014/12/23 00:33】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック