「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                嶋津 暉之

石木ダム予定地の4軒の農地を強制収用するという理不尽な裁決申請を長崎県と佐世保市が県収用委員会に行っています。
16日開かれた収用委員会の審理についてNHKと長崎放送の動画もご覧ください。

※クリックで大きく表示されます
1217-1.jpg

1217-3.jpg


◆石木ダム 収用委が調査・審理
(NHK 2014年12月16日 20時30分)
http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/5035579181.html?t=1418770489507

難航している石木ダムの建設を進めるために強制的な土地の収用に向けて、建設を計画している県側と地権者側から意見を聞く県の収用委員会の審理が16日、建設予定地の川棚町で行われ、地権者らからは事業そのものに反対する意見が相次ぎました。

石木ダムをめぐってはダム建設に反対する一部の地権者との用地交渉が難航しているため、ダム建設を計画している県と佐世保市は、地権者が持つ土地の強制的な収用に向けた「裁決申請」を行っています。

16日は、強制収用に向けて県側が示している土地の補償額や明け渡しの時期が妥当か判断するため、県の収用委員会が川棚町で現地調査と審理を行いました。

収用委員会の委員たちは、ダム建設に反対する地権者たちが「ダムはいらない」などと書かれた横断幕を持って抗議の意志を示す中、建設予定地に入り、県側から申請された図面と実際の状況に違いがないか調査しました。

続いて審理が行われ、県側が補償額などについて説明したのに対し、地権者や代理人の弁護士からは「裁決申請を撤回して、本当にダムが必要だという説明をしてほしい」などと反対意見が相次ぎました。

地権者の石丸勇さんは「収用委員の人たちには、生活の糧として私達が代々先祖から受け継いできた土地の大切さを訴えたいし、理解してほしい」と話していました。

収用委員会は今後、県側の算定した補償額などの妥当性を判断し、結論にあたる「裁決」を出すことにしています。



◆石木ダム 収用委員会 現地視察と審理
(長崎放送 2014年10月16日)
http://www2.nbc-nagasaki.co.jp/houdou/index.php?itemid=19001

東彼・川棚町に計画されている石木ダム事業で、県は、反対地権者の土地の一部を強制収用するための手続きを進めています。

県の収用委員会は16日、初めて現地調査を行い、事業者の県と地権者の双方から意見を聞く「審理」を開きました。


追記を閉じる▲

1217-3.jpg


◆石木ダム 収用委が調査・審理
(NHK 2014年12月16日 20時30分)
http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/5035579181.html?t=1418770489507

難航している石木ダムの建設を進めるために強制的な土地の収用に向けて、建設を計画している県側と地権者側から意見を聞く県の収用委員会の審理が16日、建設予定地の川棚町で行われ、地権者らからは事業そのものに反対する意見が相次ぎました。

石木ダムをめぐってはダム建設に反対する一部の地権者との用地交渉が難航しているため、ダム建設を計画している県と佐世保市は、地権者が持つ土地の強制的な収用に向けた「裁決申請」を行っています。

16日は、強制収用に向けて県側が示している土地の補償額や明け渡しの時期が妥当か判断するため、県の収用委員会が川棚町で現地調査と審理を行いました。

収用委員会の委員たちは、ダム建設に反対する地権者たちが「ダムはいらない」などと書かれた横断幕を持って抗議の意志を示す中、建設予定地に入り、県側から申請された図面と実際の状況に違いがないか調査しました。

続いて審理が行われ、県側が補償額などについて説明したのに対し、地権者や代理人の弁護士からは「裁決申請を撤回して、本当にダムが必要だという説明をしてほしい」などと反対意見が相次ぎました。

地権者の石丸勇さんは「収用委員の人たちには、生活の糧として私達が代々先祖から受け継いできた土地の大切さを訴えたいし、理解してほしい」と話していました。

収用委員会は今後、県側の算定した補償額などの妥当性を判断し、結論にあたる「裁決」を出すことにしています。



◆石木ダム 収用委員会 現地視察と審理
(長崎放送 2014年10月16日)
http://www2.nbc-nagasaki.co.jp/houdou/index.php?itemid=19001

東彼・川棚町に計画されている石木ダム事業で、県は、反対地権者の土地の一部を強制収用するための手続きを進めています。

県の収用委員会は16日、初めて現地調査を行い、事業者の県と地権者の双方から意見を聞く「審理」を開きました。

【2014/12/18 04:44】 | 各地のダム情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック