「ダム建設の時代は終わった」by米国内務省開拓局長官ウィリアム・ピアーズ
                    嶋津 暉之

11月26日、関東地方整備局、群馬県、渋川市による鉄鋼スラグ問題の連絡会議が開かれました。

関東地方整備局が10月27日発表の「鉄鋼スラグに関する調査の中間とりまとめ」で採取した試料の分析結果が12月中に出るということです。

果たしてどういう結果が出るのでしょうか。


◆有害物質:渋川のスラグ 県、市も聞き取り調査 連絡会議初会合、使用箇所特定へ /群馬
(毎日新聞群馬版 2014年11月27日)
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20141127ddlk10040136000c.html

大同特殊鋼渋川工場から出た鉄鋼スラグを巡る問題で、国土交通省関東地方整備局と県、渋川市の担当者による連絡会議の初会合が26日、県庁で開かれた。

今後、国交省だけでなく県や市も大同への聞き取り調査を実施し、スラグの使用箇所の特定を進める方針を確認した。

会合では、それぞれの担当者が現在の取り組み状況を報告。国交省は、大同からスラグを出荷した記録が残る場所とスラグと類似する材料の混入が認められた場所の計56工事について分析調査を実施。

有害物資の含有量を確認する作業を進めており、12月中にも分析を終える予定という。
県と渋川市は、国と同様に大同に聞き取り調査をして、現在公表されている場所以外にもスラグを使った場所がないかを確認することを明らかにした。【角田直哉】


◆大同特殊鋼のスラグ問題 有無の調査、12月中に終了
(上毛新聞2014年11月27日)
http://www.jomo-news.co.jp/ns/1414170440064891/news.html

鉄鋼メーカー、大同特殊鋼渋川工場(渋川市)のスラグ問題で、国土交通省関東地方整備局と県、渋川市の担当者は26日、県庁で初めての連絡会議を開いた。

同局は、国直轄の工事でスラグが使われていた可能性がある56工事に関し、スラグの有無を調べるための分析調査が12月中に終了することを明らかにした…


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


映画「ダムネーション」近日公開


 


追記を閉じる▲
県と渋川市は、国と同様に大同に聞き取り調査をして、現在公表されている場所以外にもスラグを使った場所がないかを確認することを明らかにした。【角田直哉】


◆大同特殊鋼のスラグ問題 有無の調査、12月中に終了
(上毛新聞2014年11月27日)
http://www.jomo-news.co.jp/ns/1414170440064891/news.html

鉄鋼メーカー、大同特殊鋼渋川工場(渋川市)のスラグ問題で、国土交通省関東地方整備局と県、渋川市の担当者は26日、県庁で初めての連絡会議を開いた。

同局は、国直轄の工事でスラグが使われていた可能性がある56工事に関し、スラグの有無を調べるための分析調査が12月中に終了することを明らかにした…


 ☆★こちらもどうぞご覧下さい★☆

 ・「八ツ場あしたの会」ニュース
 ・「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」
 ・利根川流域市民委員会
 ・まさのあつこさんの政策エッセイ
 ・どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち? Ⅱ


映画「ダムネーション」近日公開


 

【2014/11/28 00:33】 | 新聞記事から
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック